ウソブックス:カントリーマアムを電子レンジで温めると美味しくなるのか?

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
2021年2月4日 (木) 21:10時点における氷化凍 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
初版投稿者実証済み

この記事の内容は初版投稿者は怖さを克服し、見事実証することができました。すごいでしょー、えへへ。

先日、筆者は衝動買いでカントリーマアム[1]を1kg分購入したものの、おやつにいくら食べても減らず、次第に飽きてきてしまい、危機感を覚えた。そこで、何か工夫をして食べてみれば変わるのではないかと思った。いつかインターネットで「電子レンジで温めると美味しい」という話を聞いたことがあったので、早速やってみることにした[2]

1回目[編集 | hide | hide all]

まず、カントリーマアムのココア味とバニラ味を袋のまま皿に乗せ、電子レンジに突っ込んで30秒ほど温めようとした。すると何が起きただろうか、スタートしてから数秒も経たないうちに爆発音が鳴り、火花が飛んだ。何事かと思い扉を開くと、カントリーマアムの片方に火がついていた。あまりの衝撃で危険かどうか以前にカントリーマアムを取り出し、そのまま食べようとしたがすぐに正気に戻りやめた。袋はボロボロで至る箇所がちぢれていたが、中のカントリーマアムはほぼ無傷であった。袋を破いて中身を食べる。少し焦げたような味だがまあ食べれなくはない。後ほど調べるとアルミ製の袋が原因のようだった。次からは袋から出して皿に移してから温めることにした。

2回目[編集 | hide]

先程のように二つを袋を開けて皿に取り出し、電子レンジに入れた。さて、問題は温める時間である。先程は適当に30秒としたが、液体みたいにしてみたらどうなるんだろう、そんな好奇心から1分温めることにした。すると40秒ほどしてから電子レンジの中が煙に包まれた。ワクワクしながら時間が過ぎる。そして1分が過ぎ、電子レンジの扉を開ける。煙が一斉に外に広がり、焦げ臭いにおいが台所いっぱいに広がった。またしても失敗である。今度は中身が焦げていたため、先程以上に食べにくかった。また、筆者は猫舌なので、冷蔵庫で数分ほど冷やしてから食べることにした。そして実食。焦げた生地が口の中に広がる。本当に申し訳ないがこれ以上食べれないのでゴミ箱に捨てスタッフが美味しくいただきました

3回目[編集 | hide]

2回目の電子レンジに入れるところまでは一緒だったが、温める時間を変えることにした。むしろしなければならなかった。1分では長過ぎるようなのでその3分の1の20秒だけ温めることにした。するとどうだろう、適度に温まったカントリーマアムは非常に美味しそうに見える。おそるおそる食べてみると、非常に美味しい。噛むとカントリーマアムがすぐに崩れていき、溶けたチョコが生地と絡んで濃密な甘さを出している。大成功であった。

結果[編集 | hide]

まず、カントリーマアムは生地がしっとりとしていて、それでいてベタつかないためスッキリした味わいとなっていることが分かった。そのお陰で電子レンジで温めると生地がほろっとなり、口の中でじわじわ溶けていくのである。そして、アルミ製品は絶対に電子レンジでチンしてはいけない。筆者は反面教師みたいになってしまったけど、見てる皆は絶対真似しちゃダメだからね。約束だよ。

謝罪[編集 | hide]

美味しく頂けなかった4枚のカントリーマアム、そしてカントリーマアムを作ってくれた企業の皆さん、そして田舎のお母さんに、この場を借りて謝罪させて頂きます。本当にごめんなさい。

脚注[編集 | hide]

  1. もちろんカントリーマアム氏ではない。
  2. ちなみに、筆者の家の電子レンジは500Wである。