連絡網

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
2021年4月12日 (月) 03:46時点におけるEgg (トーク | 投稿記録)による版 (added Category:情報 using HotCat)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

連絡網(れんらくもう)は、大事なことを共有するために存在する

概要[編集 | hide | hide all]

本来は大事なことを流すために使われる網。糸電話の要領で用いられ、1番上に位置する一人が二人に、二人が四人に、といった形で情報を下ろしていくことで、一度に多人数に情報を共有できるようになっている。しかし、所詮糸電話なので、途中で内容が変わってしまうことはしょっちゅう、というか必然である。

主に学校の情報共有のために用いられていたが、悪ガキが女子生徒に「今日何色のパンツ履いてるの?」と聞いたり、劣等生が優等生に「呪ってやる」などと言って相手を陥れようとしたり[1]と生徒が連絡網を悪用するケースが多発していたことから「個人情報の漏洩の防止」なる名目で連絡網も廃止される事例が増加している。禁止したところで児童の健全な成長には繋がらないのにね。

脚注[編集 | hide]

  1. 所詮は劣等生なので、ほとんどの場合効果なかったそうな。出木杉に効果があったのは2番手のまあまあな優等生がやってたからだよ、多分。