いいね

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

いいね(:like)とは、Facebookが開発した、ネット上での交流を行うための多義語である。

概要[編集 | hide | hide all]

「いいね」とは、Facebookが開発した多義語で、とりあえず何かにつけて使っておくと人間関係が円滑になるとされているため、ボタン化されている。
原義通り、好意を表明する意味、派生した意味、原義とは反対の意味などが込められうる癖に、文脈が殆どないので、しばしば解釈困難である。
しかしながら、「作者の死」が宣言されて久しい現代のこと、解釈の自由は受け手側にあるので、誰も深く考えることなく、好き勝手に解釈している。
曖昧さを好む日本人にとっては無論だが、社交辞令を重視するおフランスや、発祥元でとりあえずポジティブならば何でもありアメリカでも、このボタンは大好評である[1]。特に、あまりにも気に入ってしまったアメリカ人は、Likeを口語でもやたらと挿入したがる英語版(ucp)参照)。
例外的にこのボタンを嫌っているのは、検閲により削除することが大好きな中国政府だが、この地でも国民VPNを使って平然と検閲逃れして受け入れている。

使い方[編集 | hide]

「いいね」には様々な意味がある(かもしれない)。

原義寄り[編集 | hide]

  • 1. 英語版Likeの語義通り、好意を表明する。

ex. 可愛い女の子写真に対して、「かわいいね!Iine.png」。

  • 2. 社交辞令。Poke(挨拶)機能と同じぐらい、形式的に押される。

ex. 結婚報告・就職報告・入学報告など、祝うことが望ましいとされる報告に対して、「いいね!Iine.png」。

派生形[編集 | hide]

  • 1. 「どうでもいいね!Iine.png」。

ex. 幸せそうなのろけ写真自己満足飯テロ、ミーハーの海外旅行報告などに対して、「どうでもいいね!Iine.png」。

  • 2. 皮肉の「いいね!」。ブラックな「いいね」とも言われる。

ex. A「可愛いね」
B「そんなことないよ~」
(Bのコメントに対し、「その通り、お前は可愛くないよ」の意を込めて)「いいね!Iine.png」。

反語的[編集 | hide]

  • 1. 思っていることと裏腹のことを言うのに使う。上述の皮肉用法に近いケースも多い。炎上した投稿への「いいね」の大半はこれに該当する。

ex. 政治家「私はをつきません!」
「いいね!Iine.pngこの嘘つきが…)」。

  • 2. メッセージを打ち切る時に押す。「お前とのやり取りは憂鬱だ」という意味の、ブルーな「いいね」とも言われる。文字通り「真っ青」であることに注目されたい。

ex. A「…(長文・難解なメッセージ[2])」
B「いいね!Blue like.png長文送るのいい加減にしろ。もう疲れたよ…)」

  • 皮肉や反語と感じられるいいねをもらった場合、報復的に皮肉・反語のいいねを応酬するケースも存在する。
    • 但し、それが可能なのは友人関係が十分に安定している場合のみである。バランス感覚がないと、速攻で友人を失うのがオチである[3]
    • 存在しないUnlike/Dislikeボタンの代わり日本語の「ヤバい」や「いみじ(古語)」のように、原義とは反対の意味、ポジティブにもネガティブにも使われるようになった訳である[4]

解釈困難性[編集 | hide]

前述したように、「いいね」ボタンはしばしば解釈困難である。ワンボタンで押せる気軽さ故に、丁寧にコメントを付けて説明してくれるバカは殆どおらず、基本的に文脈が乏しいからである。

脚注[編集 | hide]

  1. 但し、海外では特にUnlike/Dislikeボタンを望む声もあったことから、今ではHaha(笑い)、Sad(悲しみ)、Angry(怒り)、Wow(凄い、驚き)など、他のボタンも追加されてはいる。しかし、肝心のUnlike/Dislikeボタンは、当然のことながら追加されていない
  2. 参考までに、Facebookメッセージで送れる字数の上限は、英文20000字、日本文6666字(UTF-8の仕様上、3分の1切り捨て)である。
  3. 筆者の友人の体験談である。
  4. ちなみに、英語の"Great."にも、反語・皮肉の用法が存在する。

関連項目[編集 | hide]

  • Facebook
  • SNS
  • 曖昧
  • Twitter星マークのFavorite(お気に入り)をハートマークのLike(いいね)に変更して、FBに追随したことで知られる。