おつかれさま

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おつかれさまとは、降霊術の一つである。

概要[編集 | hide | hide all]

2006年頃、ネット掲示板2ちゃんねるにて提唱された。しかし、降霊術としての効果は抜群であるものの、術を掛けられる人物が>>1しかいないことと、除霊の仕方が分からないため[1]、2ちゃんねらーによってあの手この手で葬られてしまった。そして現在は残されたスレッドの書き込みを元に、色々な考察が行われている。ちなみに「おつかれさま」という名前は>>1が術をかけた後に「おつかれさまでした[2]」と書き込んでいたことに由来する。

方法[編集 | hide]

スレッドで書き込まれていた、降霊術を行う方法。

【忠告】記載はしますが、絶対に実践しないで下さい。実際に行っても、筆者並びにウソペディアは責任を取りません。

  1. 水の入ったコップを用意する。
  2. 深夜3時に、部屋の電気を全て消し、カーテンを閉める。
  3. >>1が呪文を唱える(飛ばしても可)。
  4. 一気に水を飲み干す。
  5. おしまい。

>>1の正体[編集 | hide]

後日、この不可解なスレッドに目を付けた2ちゃんねらー達による検証の結果、>>1はイカサマの呪術師であり、新しく作った呪術の実験をネット掲示板にて行ったという説が最有力となった。現在>>1は証拠こそ不十分であるものの犯行を行った事に変わりはないためIPを特定されて晒され、ネット上で指名手配となっているが、可変IPであることが発覚したため特定は中々難しいものとされる。

脚注[編集 | hide]

  1. 術を掛けられた者のその後の書き込みが無く、消息が分からなくなっている。
  2. 考察班曰く「お疲れ様でした」ではなく「お憑かれ様でした」なんじゃねーの?とのこと。

関連項目[編集 | hide]