おでん

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おでん(漢字表記で御田)とは、日本において冬季に見られる農業である。

概要[編集 | hide | hide all]

おでんは14世紀ごろに発達した農業方法であり、冬季に様々な食物を生産する農業の種類。現在では夏に稲作、冬におでんをするなどといった二毛作が世界各地で行われている。名前の由来は、初代おでん専業農家が花の都(室町の将軍)へ税としておでん生産物を出したところ、とても気に入られ、おでん農家が所有する田が国公営となったことによる。要は江戸タヌキ王国の天領と同じである。御田の意訳は御国の田となる。

生産物は長い間人々に愛され、不作の年などは、おでんを食べられずストレスをためた人が死ぬという事件が発生し、風物詩となっている。

おでんの作り方[編集 | hide]

この農業は比較的狭い土地(四畳半)ほどでもでき、全国で行われている。理由にはその手軽さと箸・鍋・水・おでんの種さえあればいつでも作れることが挙げられる。

作り方と手順[編集 | hide]

  1. 鍋をコンロにセットする。
  2. 水を入れる。
  3. 種を植え火をつける。
  4. 箸でかき混ぜて放置する。
  5. 完成! 辛子柚子胡椒を添えていただきます。

地域による違い[編集 | hide]

地域によって降水量や気温が違う関係からか、おでんによる生産物は各地域によって違う。

東京
いわゆる普通のである。文句があるなら、首相にでも頼んで首都を変えてもらいましょう。
名古屋
味噌という独特の成分が含まれる。
姫路
しょうが醤油という毒が含まれる。
京都
薄い醤油が含まれる。中毒性がある。

主な生産物[編集 | hide]

収穫できる田とできない田がある[編集 | hide]

地域により種類が異なる[編集 | hide]

取引所[編集 | hide]

作ったしたおでんを売ったり他人が作ったおでんを買う場所である。

隣の家
相手が一人暮らしや学生の場合、鍋ごと持っていくと喜んで受け取ってもらえる。
コンビニ
一番手軽な方法。剥き出しで置いてあるので衛生的ではない。
屋台
昭和の遺産。直売所であり、購入したその場で食べることもできる。
ごみ袋
好きなだけ食べさせてあげよう。

なぜおでんなのか[編集 | hide]

おでんという呼称が「御田」からきているのであれば、読み方はおでんでなくてもよいはずである。以下に、考えられる読み方を挙げる。