お年玉

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

お年玉(ーとしだま)とは、新年を迎えるにあたって親自らが子供のために財布からすり抜く高額なお金。または、目上の者が目下の者に新年の報酬として送金するお金である。

概要[編集 | hide | hide all]

古くより日本で新年に送られているお金であり、その起源や由来には諸説あるが、かつて師匠が神棚に供えた餅を弟子に与えて詰まらせる芸をさせたという説が最有力。また、玉は金の玉の玉を表しているとも言われ、その玉をあげることによってアーン♥♥などをアーン♥♥せ、広く子孫繁栄をさせ魂として再び年神として玉を与える役割を意味もあると言われている。

お年玉の起源は中世まで遡るとも言われており、武士においては本当に狩られた武士のお察し下さいが与えられていたという。

日本以外のお年玉[編集 | hide]

一般に日本以外にもお年玉に似たアレなものはアジア諸国にも見られる。中国ではそれに該当するものは圧歳線と呼ばれるが、これは子供を襲うと言われるアレをそらし、最低一年は子供が弁財天のバリアーに囲ませるとなる風説によるものらしいが、中共による美談との噂が絶えない。なお、近年の華僑コミュニティにおいては大きなお友達も圧歳線を引く例も見られ、本土からは大友だけが利をする行いということで圧歳線には相当しないとし、利是と呼称している。

また、韓国では歳拝金というお察し下さいがあるが、これは絶対服従に基づく家内奴隷制王朝における華族の報酬に似たものであり、一般的なそれとは趣旨が異なっている。なお韓国だけあり大便が代わりに与えられることもあるらしい。

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「お年玉」の項目を執筆しています。