しまじろう自警団

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

しまじろう自警団(-じけいだん)とは、挑戦島の防衛と他国への侵略を行うちゃれんじ国の自警団。非公式ではあるが「ちゃれんじ軍」とも呼ばれ、しまじろう軍の一部隊とみなすこともある。

NoYourpedia.png
荒らしまくられて気がおかしくなってしまったユーモア欠落症患者のユアペディアン達は「しまじろう自警団」の執筆をサボっています。このような快挙を手際よく成し遂げたことは我らの誇りです。

概要[編集 | hide | hide all]

しまじろう自警団の歴史はちゃれんじ国の独立戦争から始まる。その後、しまじろうがちゃれんじ国の皇帝になった時軍隊は強力で絶対不滅レベルの恐怖の軍隊となった。1999年には50万人の敵兵に1万人で打ち勝つなど脅威的な戦闘力で圧巻し、しまじろうのしまじろうによるしまじろうの為の恐怖政治が始まったのであった。・・・

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『しまじろう自警団』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ