たまごっち

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

たまごっちとは、アークフイルム及びバンダイから発売されている人工化地球外非知的生命体が搭載された小型戦闘機である。1977(昭和52年)年の発売以来、BBAを中心に愛されている。

概要[編集 | hide | hide all]

戦闘機内のたまごっちなる生命体を飼育し、餌をやったりを掃除するというごく普通のつまらない要素を主軸にそれを育てるという内容である。しっかり育てないとヤバイらしい。一見すると典型的なクソゲーに見えるかもしれないがそうでも無い。

歴史[編集 | hide]

1977(昭和52年)年にアークフィルムよりフィルム式のたまごっちが発売されたのが最初である。この時はまだ人工化地球外非知的生命体というよりかは平面化地球外非知的生命体だった。続いて1983(昭和58年)年に、ようやく人工化生命体が搭載された一号型戦闘機が発売され、当時の若者中心に小規模なブームを起こす。その後も白黒ディスプレイ型の戦闘機が1985,87,91,94年に立て続けにアークフィルムで製造されたが、その後の1995(平成7年)年にバンダイへの販売委託を決定し、1996年に同社のバックアップの元、改良型戦闘機が登場した。バンダイが開発を支援したこの新型戦闘機は発売翌年に1983年のブームを遥かに上回るほどの大ブームとなり、BBAや高級住宅街のお嬢様、果ては原宿系女子やヤンキーまで瞬く間に浸透していったが、戦闘機としての耐性が弱かったがために1998年にはポケモンに呆気なく敗北、ブームは再び沈静し馬鹿高かった改良費用もお察し下さいとなってしまった。なお、この出来事は後にバンダイがポケモンのパクリ作品であるデジタルポケットモンスターを開発する契機となったと思われる。

その後の2004年、アークフィルムとバンダイが再び結集して通信機能を兼ね備えた戦闘機を発売、その後の2009年にはカラー型戦闘機を発売した。2004年以降はそれほどのブームは起こっていないものも度々プチブームを勃発させている模様である。

機種[編集 | hide]

キャラクター一覧[編集 | hide]

デジモンとの関係[編集 | hide]

1998年に発売されたポケモンのパクリ作品のウイルスウェアデジタルポケットモンスターはポケモンだけでは無く当作もパクっている模様である。実際に、操作方法が酷似しており、公式まで「戦うたまごっち」としているようである。但し、実際の内容はお察し下さい

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「たまごっち」の項目を執筆しています。
アンサイクロペディア無し.png
ナニモノかが、アンサイクロペディアに「たまごっち」の項目を執筆しましたが、NRV厨・八百科事典厨・削除厨の暗躍により削除されてしまいました。
 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは353日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。