ちはやふる

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「ちはやふる」の項目を執筆しています。

ちはやふるとは、江戸時代に書かれた絵草紙を元にしたアニメ作品。

概要[編集 | hide | hide all]

元々は江戸の力士・竜田川の恋と過ちを描いた話である。

竜田川は吉原の花魁「ちはや」に一目惚れしたものの、彼女は力士嫌いで通っていた。当然すげなく袖にされ、ならばと妹分の「神代」に言い寄るがこちらも惨敗。元来性根の弱かった竜田川はめっきり勝てなくなり、そのまま廃業して親のやっていた豆腐屋を継ぐことになった。それから数年、見覚えのある物乞い女が「おからを一掬い分けては頂けないでしょうか」と言ってきた。勝負事には弱くとも心根の優しい竜田川はおからをやろうとしたが、顔を覗き込んだ拍子にそれが見る影もなく落ちぶれ果てたちはやである事に気付いてしまう。

年期が開けて吉原を出たものの行く先を無くして難儀している、と涙ながらに訴えるちはやを憐れむ一方、自分をアッサリ振っておいて窮乏だからとすがろうとするちはやに怒りを覚えた竜田川は、おからをぶちまけた上元力士の腕力でちはやを突き飛ばしてしまう。我に帰ってちはやを抱き起こそうとする竜田川だったが、その手を打ち払いちはやは絶望のままに井戸へ身を投げてしまう。一時の逆上で取り返しがつかない事態を招いてしまった竜田川は、その場に泣き崩れるのだった。

アニメ化[編集 | hide]

アニメにするにあたって舞台設定を現代にし、竜田川も力士という設定ではなくまた吉原が出しにくい為学園モノとなった。また主人公自体も千早(=ちはや)となり、恋と友情をメインにして展開する話になっており原作との関連性は薄い。その後実写作品など様々に発展していくが、いずれも「とは」という言葉がキーワードになっている。あるエピソードでは千早の本名であったり、またループ要素(永遠=とは)を指すなど物語の謎を深める要素となっていた。