挑戦島大動物公園

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

挑戦島大動物公園(ちゃれんじとうだいどうぶつこうえん、ちょうせんじまだいどうぶつこうえん)とは、島ごと動物園になっている動物園である。一応言っておくが、しまじろう皇帝が視察したちゃれんじ動物園とは別物、また、ちゃれんじ島とも別の島である。

NoYourpedia.png
荒らしまくられて気がおかしくなってしまったユーモア欠落症患者のユアペディアン達は「(動物園) ちゃれんじ島 (動物園)」の執筆をサボっています。このような快挙を手際よく成し遂げたことは我らの誇りです。

概要[編集 | hide | hide all]

1988年にしまじろうの協力により、開園したサファリパークのようなものである。世界中の動物が展示されており、およそ8000種の動物が存在する。檻がないのとしまじろうとの契約の関係で園外に虎が野放しになっており、非常に危険である。

現状、時折虎が脱走し日本まで泳いでくることがある為、一部の国々から動物園廃止を求める声も挙げられる。

現状[編集 | hide]

虎が現状動物園の最高支配者であり、餌はホームレスである。

関連項目[編集 | hide]