とたけけ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「とたけけ」の項目を執筆しています。
アンサイクロペディア無し.png
ナニモノかが、アンサイクロペディアに「とたけけ」の項目を執筆しましたが、NRV厨・八百科事典厨・削除厨の暗躍により削除されてしまいました。
ニコニコ大百科.gif
ニコニコ大百科ではわざわざ金をかけてまで「とたけけ」の項目を執筆しているユーザーがいます。

とたけけ(8月23日〜)は、村や島、キャンプ場を転々としながら活動を続ける、流離いのギタリストシンガー・ソングライター

 

人物[編集 | hide | hide all]

白い体毛を持った。太い眉がチャームポイントである。

普段の声は小栗旬に似ているが、ライブの際は機械音声のような声になるのが特徴である[1]

2006年には、大塚製薬オロナミンC 元気ハツラツぅ? キャンペーン」で「元気20人」の1人に選ばれるなど、今や国民的アーティストとなっている。

音楽活動[編集 | hide]

2001年に活動を開始。アコースティックギター一本で行う弾き語りが主なスタイル。弾き語りの際には何故か全裸になることから、実はヌーディストなのではないかという噂が出ている[2]

五十音では表現できないような独特の発音と無機質な声、そして遠吠えを用いた歌が特徴。

弾き語りライブをするのは、土曜日の夜のみであり、土曜日になるととたけけの追っかけで会場が埋まると言われる。

活動期間の割に寡作であることが知られていて、20年近く活動しているにも拘わらず、発表した楽曲はせいぜい100曲程度である。しかし、コンスタントに新作を発表することから、実際は膨大なストックを持っているという噂がある。

自身の楽曲を音源化する際には、ボーカルを収録せずインストで制作するのも特徴である。

DJ K.K[編集 | hide]

「DJ K.K」という、とたけけにそっくりなDJがいる。そっくりなだけである。かなりそっくりだが、同一人物ではない。少なくとも、そういうことになっている。

DJプレイの際に使用する楽曲は全てとたけけの作品であるが、とたけけとは全く関係ないとされている。少なくとも、そういうことになっている。下手に詮索してはいけない。

脚注[編集 | hide]

  1. アコースティックライブであることから分かるように、ボイスチェンジャーを使っていないんだから驚きである。
  2. しかし、峯田和伸のように書類送検されたことはない。曰く「犬だから裸なのは当たり前」らしい。

関連項目[編集 | hide]

  • 純喫茶 ハトの巣
  • CLUB 444
 

この項目『とたけけ』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ