出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

とはとても貧弱言葉につくひらがであり、ぜか赤くる特徴を持っている。

の読み方と意味[編集 | hide | hide all]

」とは「かたかのナ」と「ひらがのよ」が一つにった言葉である。したがって読みは「ナよ」であり、ナよナよとして弱っちい印象を与える言葉である。

が使われた可哀そう言葉の一覧[編集 | hide]

名詞[編集 | hide]

っぱ(野菜)
牛や豚や羊どの家畜生が喰らうためのはっぱ。家畜の餌であるっぱを、あえて酢や出汁であえて食う奴も居るらしい。
っぱ(ドラゴンボール)
ガチムチで強そうに見えるが些細ことを気にするホモハゲを気にしてヅラをかぶっていたことがあり、男らしさにかける。
っぱ(風来のシレン)
弱っちいのに偉そうに毒舌で語るイタチ。しかしシレンが自爆しても木端微塵にはらいらしく、意外とタフに見える。しかしイタチであることに自信が持てずネズミだのスカンクだのと自称する心の弱さを持っている。
ると(NARUTO)
前述の愛玩動物であるイタチごときで死闘にレベル
いちんげいる
あるのにいと主張しければオカマのこと。
めくじ
ナよナよといじけく動く奴のこと。
まこ
うみうしみにナよナよ。うみうしの方が可愛いぶんましだ。
まけもの
ナよナよした奴にも負けてしまう生存感皆無者をさす言葉。
まもの
熱くもく、冷たくもい、どっちつかずのもの。

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

動詞[編集 | hide]

そのひぐらしのやつらが日々行うこと。
びく
どっちつかずで心の弱さを露呈すること。
ぞる
既製品の殻に閉じこもったしょうもい商品を作ること。

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。