まつざきしげるいろ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松崎しげる


「まるでチョコレート、っていうか、今日の肌色備長炭じゃん!」
松崎しげる について、松本人志
あー夏休み明けの9月6日色だね!」
松崎しげる について、TUBE
「↑どっちかっていうと愛のメロディが合いそうなダンディズムを感じる色」
松崎しげる について、あなた
「松崎しげるは#A55A4A。黄色(#3) 25%:朱色(#18) 45%:緑(#29) 14%:白(#50) 16%です。」
松崎しげる について、サクラクレパス

松崎しげるとは、日本人にはおなじみの絵の具。肌色の一種であるが、とてもい。特に9月6日は「クロ」の日とされ、松崎しげるがテーマカラーとなっている。

概要[編集 | hide | hide all]

松崎しげる」(1949年11月19日(71歳))は年間の売上の90%が夏である、日本人には同じみの絵の具。TUBE入りの絵の具であり、「あー、夏休み」と歌いながら使用するとキャンパスの上でとても映える。

松崎しげるの色合いの変遷[編集 | hide]

松崎しげるは、誕生当初の1949年は実は日本人の平均的な肌色として親しまれていた。

その後1970年10月に『8,760回のアイ・ラブ・ユー』で日本人に多くの反響をもたらした。しかし、当時はさほど黒くはなく、一般的な少し黒目の肌色という程度であった。

されど1971年10月に『君は何をおしえてくれた』でグリコアーモンドチョコレートのCMのイメージカラーとして採用されて以降、徐々に黒さを増していった。1976年7月1日『私の歌』と続き、1977年8月10日『愛のメロディ』でその黒さは今の色まで濃くなったとされ、松崎しげるはチョコレート色と言われる所以となっている。

その後松崎しげるは以降40年以上年中を通して、その黒さを一定に保つこととった。

しかし、「松崎しげるは実際は何色か?」という議論は絶え間なく繰り広げられて、以下のような比喩によってその色が語られてきた。

松崎しげるを示す色の表現

  • チョコレート色
  • 備長炭
  • フライパン
  • 焼き餃子の裏側
  • カフェラテのミルクを入れ忘れたやつ
  • etc

このように、様々な表現がなされてきたが、実際のところ「何色か?」という疑問が色濃く持たれていた。

松崎しげるが何色かを科学的に決定[編集 | hide]

2005年5月18日、サクラクレパス高額分光器を用いて松崎しげるが何色かを調べ、黄色(#3) 25%:朱色(#18) 45%:緑(#29) 14%:白(#50) 16%と結論づけた。 あなたが閲覧しているこの記事の背景色は松崎しげるであり、16進数のHTMLカラーコードでは「#A55A4A」と定められた。

なお、この色はあくまで2005年の調査時点のものであり、松崎しげる本人の健康状態の変化や、あなたがこの記事の閲覧に使っているディスプレイの色設定によって変化しうることに留意されたい。

関連事項[編集 | hide]