やけくそ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

やけくそとは致命的な状況下において目的を放棄、あるいは離脱する際に無秩序に行われる、精神的な限界状態でおきうる現象である。

概要[編集 | hide | hide all]

うるせぇ。知るかバカヤロー。適当にかいときゃいいんだよ。めんどくせぇ!

言葉の由来[編集 | hide]

んだよ。もう終わりでいいよ。わかったよ。わかった!由来とかマジしらねーから!

主にやけくそになりやすい場面[編集 | hide]

いいじゃん!もう!つか、これ書いてる時点でこちとらあきらめてんだよ!このヴォケが!バーカ、バーカ、バーカ。

やけくそが成功する例[編集 | hide]

だからさ!勝負とかで絶対勝てないってわかってるわけよ!とっくの昔からさぁ!どうしようもねぇのに決着が延々とつかないわけですよ!わかります?この苦痛!!そりゃ相手がよっぽどバカならいいけどさ。バカじゃないんだもん!どうしようもねーよ!NRVなわけですよ!おわかり??

芸術面におけるやけくそ[編集 | hide]

創作においてはしばしば行き詰まりがあり、名案も出ないまま作品を見つめる時間があらわれる。こんなときにやけくそを起こしてあえて不規則に作っていくことで…

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

関連項目[編集 | hide]

もういいよ!

出典[編集 | hide]

しらねぇよ!