やしろ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

やしろは、道路・工事現場・駐車場・運動場などの場所で、区分けなどを目的に置かれる円錐型の器具である。

概要[編集 | hide | hide all]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「やしろ」の項目を執筆しています。
やしろ

やしろの大きさは70cm~1m程度で、色はが最も多いが、所によってはなど、赤以外の色のやしろも使用されている。

材質は樹脂あるいはゴムが使われているケースが多く、スペース節約のため、積み重ねて保管できるようになっている。価格は数百円。

樹脂であるため軽く運びやすいが、その反面、風で飛ばされやすいという弱点が存在する。

名前の由来[編集 | hide]

元はこの器具は、「カラーコーン」「三角コーン」「パイロン」など様々な呼び名が存在したが、武器の「矢尻」に形状が似ているため、「やしり」とも呼ばれるようになった。そして、さらに長い時間をかけ、「やしり」の音が「やしろ」に変化[1]したため現在の呼び名になったと言われている。

脚注[編集 | hide]

  1. インターネットスラングにおいては、「すき」が「すこ」となる(i→o)変化も起こっており、これと同種の音韻変化とみることができる。

関連項目[編集 | hide]

アンサイクロペディア無し.png
ナニモノかが、アンサイクロペディアに「やしろあずき」の項目を執筆しましたが、NRV厨・八百科事典厨・削除厨の暗躍により削除されてしまいました。
 

この項目『やしろ』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ