りょうかみ型護衛艦

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

りょうかみ型護衛艦(りょうかみがたごえいかん、:JMDF DDG RYOKAMIclass)とは海上自衛隊が保有するイージス艦である。
緊迫する東アジア情勢に対応しあたご型の性能向上型として2016年に就役した。
こんごう型、ゆきなみ型、あたご型とともに艦隊防空に務める主力艦である。
なお日本国海上自衛隊の艦であるが日北東同盟国にも設計図が送られタイプシップが増える見込みである。

来歴[編集 | hide | hide all]

はたかぜ型DDG二隻が老朽化により耐用年数を迎えることにともない建造されたのが本型である。
なお情勢に対応し海上自衛隊護衛艦隊が拡張されることとなったので当初の予定の2隻から4隻に増えたと言われている。

概要[編集 | hide]

りょうかみ型は見た目はあたご型とはあまり変わらないが基準排水量は8200トンと拡大している。
またこの型からは従来のセミアクティブ誘導のスタンダードミサイル2、スタンダードミサイル3はもちろんのことアクティブレーダー誘導のスタンダードミサイル6を装備したためイルミネーターへの負担が少なくなり、従来より撃墜数が増える見込みである。(こんごう型、ゆきなみ型、あたご型は後日装備の予定)

同型艦[編集 | hide]

  • 「りょうかみ」
  • 「たかお」
  • 「まや」
  • 「あおば」

装備[編集 | hide]

  • レーダー
    • 対空レーダー AN/SPY-1D(V)
    • 対水上レーダー OPS-28 OPS-20
  • 射撃管制
    • Mk.160 主砲用
    • Mk.116 水中攻撃指揮用
    • Mk.99 mod.8 SAM用
  • ソナー
    • OQR-2D-1 曳航式
    • AN/SQS-53C 艦首装備型
  • 電子戦装置
    • NOLQ-2B電波探知妨害装置
  • 武装
    • Mk.41 mod.20 VLS (前部64セル 後部32セル)
      • スタンダードミサイル2 (艦隊防空ミサイル) 
      • スタンダードミサイル3 (弾道ミサイル迎撃ミサイル)
      • スタンダードミサイル6 (艦隊防空ミサイル)
      • RIM-162 ESSM (個艦防空ミサイル)
      • トマホークミサイル(対地巡航ミサイル)
      • 07式新アスロック (対潜魚雷)
    • 90式SSM 4連装発射筒
    • 68式3連装短魚雷発射管
    • 62口径5インチ単装砲
    • CIWSファランクス Block1B
    • SeaRAM
  • 艦載機
    • SH-60J/K
 

この項目『りょうかみ型護衛艦』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ

Jawpno.png
この項目りょうかみ型護衛艦は、ウィキペディアには存在しませんので、どうぞりょうかみ型護衛艦を執筆してあげてください。
アンサイクロペディア
アンサイクロペディアユーモア研究生共も「りょうかみ型護衛艦」については執筆する能力を持ち合わせていません。我らウソペディアンは彼らとは違うのです。
NoEnpedia.png
ヤツデ感染症のエリートのエンペディアン達も「りょうかみ型護衛艦」を執筆していません。いくらエリートでも、彼らはさらにエリートなウソペディアンとは違うのです。
NoYourpedia.png
荒らしまくられて気がおかしくなってしまったユーモア欠落症患者のユアペディアン達は「りょうかみ型護衛艦」の執筆をサボっています。このような快挙を手際よく成し遂げたことは我らの誇りです。