アナログマ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アナログマ(アナロ熊、1953年2月1日午前10時 - 2011年7月24日正午)とは、かつて日本に生息していたクマの一種。

概要[編集 | hide | hide all]

1953年2月1日のNHK総合テレビジョン開局に伴うテレビ放送の開始と共に生誕し、高度経済成長からオイルショック・バブル・平成不況など移り変わる時代の中ずっと国民の受信機や茶の間に生息していた熊である。

2003年以降、地デジカが大量繁殖し始めた為、絶滅危惧種に指定。2011年7月24日正午、岩手県・宮城県・福島県を除く場所で最後の自然個体の死亡が確認され、そこを除いて絶滅となった。

2012年3月31日には、これら三県でも自然個体が絶滅し、2015年4月21日、CATVで延命治療を行った繁殖個体の死亡が確認され、名実ともに日本国内では絶滅種となった。

プロフィール[編集 | hide]

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『アナログマ』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ