アルセーヌ・ルパン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルセーヌ・ルパン(仏:Arsène Lupin、1601年-2014年)とは、1630年に万引きをしたのがきっかけに世界各地の偽宝石店で泥棒を続けている、大泥棒怪盗の一人である。2014年にCIAと絶交宣言をした瞬間に射殺された。

父はジャラシーヌ・ルパン

彼のサイン:αrsène ŁÙǷƖņ

人物[編集 | hide | hide all]

頭に高い帽子で背は低く、10mから50mぐらいで、体重100kg。

夜に偽宝石店に忍び込んで偽物を手に入れるのが趣味。歩く速度はマッハ2ぐらいの超人。

FBIに目を付けられており、CIAと友達でもあるがCIAと絶交宣言をした瞬間に射殺された。 遺体はFBIの重要監視施設のど真ん中に安置されている。

アルセーヌ・ルパンの居場所[編集 | hide]

アルセーヌは所を転々としてきたので、どこに住んでたかなどはハッキリしていない。

本人は大日本帝国アメリカ市北京区エジプト町だと言っているがウソである事は確実である。

居場所はアイスランド国、またはハワイ島という説が最も有力な説である。

また、「アルセーヌ・ルパンは地球外の惑星に住んでいるのではないか?」という説もあるが、まったくの出鱈目である事がアルセーヌの免許書が発見された事により証明された。

歴史[編集 | hide]

1601年、地球のどこかに生まれる。

1630年代[編集 | hide]

近くのスーパーでベーコンを買ったが、代金を持っていなかったので商品を脇にいれて逃亡。

直ぐにパトカーが赤いランプを光らせてアルセーヌを追うが、マッハ2の速度で走っていたため逃げ切られた。

その後、FBIが捜査に加わって、地球全体に要注意警戒線を引いたが、捕まえられる事はなかった。

1890年代[編集 | hide]

時は過ぎ、アルセーヌは1890年代に友人の家に遊びに来たが、指名手配中のアルセーヌ・ルパンだと指摘され、友人のピザを取り上げて、直ちに逃亡した。

この件がきっかけで全世界から注目されるようになり、新聞のトップにも「逃亡中ノ体重百キロノ万引キ犯、再ビ登場?」の題で載せられるようになった。そして、地球外からも注目され、「ルデゥムァジムゥカキスゥム、『プーゥゥラギ・チョウス』デモスウラギーゥゥラ?」の題で宇宙人新聞にも載せられた。
FBIは「これでもう捕まる。逃げ切る事はありえない。」としていたが、地中に潜って逃亡し、FBIが地中潜水艦FK-89を出す羽目になった。

懸命の捜査にもかかわらず、2010年代まで報告が途絶える事となった。

1980年代[編集 | hide]

このころから、偽宝石店の宝石を盗むようになり、地球外にも逃亡する様にもなった。

2010年代[編集 | hide]

NHKニュースの取材班がたまたま黒い服を着た100kgの男を目撃し、「これは、以前指名手配中だった、アルセーヌではないか?」と疑われ、CIAと関係を持っていた事が分かる。CIAとの仲も悪くなってゆき、2014年にとうとう、CIAとの関係を打ち切る発言をした後に射殺され、100年以上も続いた逃亡劇はここで幕を閉じた。

関連項目[編集 | hide]

  • ルパン三世 その孫。やはり世界的大泥棒であり、一世の死後は独りで暗躍を続けている。