アレルギー

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Medical
ご自身の健康問題に関しては、神に訊くか、医者に行って確かめるか、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。
また、免責事項もあわせてお読み下さい。

アレルギー(: allergy, : Allergie)とは、免疫反応が過敏になった結果、本来無害な物質をも抗原とみなして免疫反応を引き起こし、自分で自分を傷つけてしまう自傷的な反応である。社会性アレルギーでは、コミュニティの構成員がコミュニティを自傷することが特徴的である。

概要[編集 | hide | hide all]

アレルギーには遺伝的要因があるともされているものの、特に潔癖すぎる環境で育った人間ほど罹患しやすい傾向があるとされている。

花粉症に代表されるように、花粉など、特定の物質はアレルギー反応を特に引き起こしやすく、アレルゲンと呼ばれている。アレルゲンの唯一の罪は、潔癖すぎる生体にはとって耐えられないほど高濃度で分布してしまうことがあるというただ一点のみである。

最近は、一部のサイトにおいて、インターネット世界におけるモバイルISPなどへのアレルギー様症状も報告されている。だが、情報がアレルゲンであり得るかについては、精神疾患に悪影響を及ぼす可能性が指摘されているものの、通常の物質的アレルゲンと異なり人命リスクにつながりにくく、身体的な症状にも結び付きにくい[要出典]ため、未だに学会での結論は出ていない。

代表的な物質的アレルゲンには、小麦大豆牛乳、花粉などが挙げられるが、そのリストは、特に先進国の衛生環境が改善されるに伴い延々と膨らみ続けており、一部の過激派環境保護団体[要出典]からは、アレルギーとは特定物質に対するハラスメント・ハラスメントなのではないかと指摘する声も上がっている。

自己免疫疾患との相違[編集 | hide]

同じく免疫反応が暴走して自傷的になる症例として、自己免疫疾患が存在する。こちらは、文字通り自分自身の体内の成分を抗原と認識して過剰反応を起こして体を自壊させるため、ある意味ではセルフアレルギーとも解釈できる[1]

しかしながら、通常はアレルギーは、外部物質に対して過度に反応することで自傷に及ぶ例を言う。

通常のアレルギーには伝染性はないが、インターネット上のアレルギー様症状の特殊な型には伝染性があり、ネトウヨツイートマニアの支持層に見られる多民族や外国人に対する排他性は、一種の社会的・集団的アレルギー反応なのではないかと指摘する専門家[誰?]もいる。

衛生仮説[編集 | hide]

潔癖すぎる親の下で育てられると、何のことはない物質にも過敏になってアレルギーが出やすくなるという仮説。話題[誰?]になっていたらしいが、2004年ドイツの研究でそれを支持する結果が出された。さて、残念ながら由緒正しいとあるウィキではその後の消息は不明になっている[2]が、それから15年経った以上、恐らく医学の最新学説にありがちな転換を二度ほど経て、やはり一周回ってこの仮説はやはり正しいということになっていそうである。

アレルギーの類型[編集 | hide]

I型アレルギー[編集 | hide]

即時型・アナフィラキシー型とも言われる。アレルギー物質が体内に取り込まれると即座にかゆみや浮腫、鼻炎などの反応が起こることが特徴で、重篤な場合はアナフィラキシーショックによってに至ることもある。花粉症や食物アレルギーなど、有名なアレルギーの大半はこれ。

II型アレルギー[編集 | hide]

細胞障害型・細胞融解型とも言われる。抗原が細胞と結合した際に発症し、細胞ごと白血球によって破壊されることで症状が発生する。肝炎などがその代表例。

III型アレルギー[編集 | hide]

免疫複合体型・アルサス型とも言われる。抗原と抗体などがくっついてできる免疫複合体が、そのデカさや反応性などによって、体内をめぐるうちに体の各地を傷つけてしまうことで症状が発生する。リウマチや血清病がその代表例だとされる。

IV型アレルギー[編集 | hide]

遅延型・細胞性免疫ツベルクリン型とも言われる。抗原に反応する感作T細胞が他の免疫細胞を活性化させるしうなるを出すことで発症する。漆かぶれやツベルクリン反応がその一例とされる。

V型アレルギー[編集 | hide]

II型の派生型。破壊された細胞から有害・刺激性の物質が出されることで症状が悪化する。

VI型アレルギー[編集 | hide]

社会型・情報型とも言われる。I型~V型までが、免疫細胞の体内での暴走の副産物であったのに対し、このアレルギーは人間の個体全体が社会やコミュニティの中で暴走することが特徴である。発症要因としては、画一性の高い環境で純粋培養された人間が、自身の体験を伴うことなく差別的・排他的思想を掲げる情報と接触することによって排他的になることが大きな一因とされており、ここでも衛生仮説の亜種が成り立っている。

代表的な症状は、ネトウヨネトサヨレイシズム、過激な反LTA主義など。歴史的には、ナチズム日本の軍部独裁は、VI型アレルギーの社会的蔓延の影響も大きいと考えられている。

アレルギー疾患へのアプローチ[編集 | hide]

VI型アレルギー患者から採取されたヘド。

アレルギー疾患を管理する際には、アレルゲンとの接触から発症までの時間、症状の推移、症状の内容、既往や家族の発症歴などに注目すると良いとされている。また、CDCの最新の報告書では、VI型アレルギーの場合は、共和党員か民主党員かなどの政治的背景や、年収などの経済的背景、更には交友関係も整理すると効果が出る場合があると考えられている。

最も重要な判断は、I型であるかそれ以外であるかである。I型は即時型とも言われるように発症までの時間が短く、したがって治療も迅速に行う必要があるからである。重度のI型アレルギーの場合は、アドレナリンを投与して、アナフィラキシーショックの発生を抑止しなければいけない。

次に重要になってくるのは、VI型とその他の類型の区別である。VI型アレルギーでも最も過激なものの場合は、「ヘド」と呼ばれる特殊な吐瀉物の嘔吐や顔面発赤などの身体症状を呈する場合があるが、VI型アレルギーの場合は投薬による対症療法での解決は困難だからである。

アレルギーの治療に当たっては、一般的にはアレルゲンとの接触を断つことが望ましいと考えられている[3]。ただし、最近では花粉症など、一部アレルギーについてはむしろアレルゲンとある程度接触させることで馴化させて、発症を抑止するのではなく症状の根治を目指すアプローチも試みられつつある。

VI型アレルギーの場合は一般にむしろこのアプローチが有効であり、特にネットの匿名掲示板などで無責任に発症している人物には、誹謗中傷を行った相手との直接対面のような荒療治で症状が抑制できるというTEDでの報告[誰?]もある。

アレルギー疾患の検査[編集 | hide]

代表的な検査法には、RASTやパッチテストなど、実際に物質と患者又は患者の血液を接触させる方法が挙げられる。VI型アレルギーの場合は、このほか、アレルゲンと思われる対象の画像を見せた時のMRI反応を調べる脳波検出法や微表情を解析する表情解析法も考案されているが、現段階では研究段階である。

アレルギー疾患の合併症[編集 | hide]

特に呼吸器系のアレルギー疾患の場合は、合併症が発生しやすく注意を要する。

また、VI型アレルギーの場合も、統合失調症双極性障害アスペルガー症候群などを併発している場合がしばしば見られるので、注意が必要である。

更に、VI型アレルギーの発症前症状として、アルコール依存症薬物依存症などの依存症症状を呈している場合もあり、この場合は依存症そのものの根治にも取り組まなければいけない。

脚注[編集 | hide]

  1. インターネット上では、あるコミュニティの構成員が別の構成員をアレルゲンと解釈してコミュニティ破壊行為に及ぶ事例が存在する。こちらも、情報に対する自己免疫疾患様症状の症例はあるのだ。
  2. 英語版ではそれよりさらに先の研究もある程度取り込まれている。
  3. 例えば小麦アレルギーの人は米粉パンだけを食する、卵アレルギーの人はベジネーズを使用し、マヨネーズの使用を回避するなど。

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「アレルギー」の項目を執筆しています。
アンサイクロペディア
アンサイクロペディアユーモア研究生共も「アレルギー」については執筆する能力を持ち合わせていません。我らウソペディアンは彼らとは違うのです。
NoYourpedia.png
荒らされまくって気がおかしくなってしまったユーモア欠落症患者のユアペディアン達は「アレルギー」の執筆をサボっています。このような快挙を手際よく成し遂げたことは我らの誇りです。