ウソディクショナリー:や行

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

[編集 | hide | hide all]

やおい[編集 | hide]

ただ矢が刺さっているだけの状態。オチも意味もない。

薬師如来[編集 | hide]

ブルーライトを浴びせることで万病を治す医者。普段は左手に薬の壺を持っているが、中身はハチミツである。

野菜爆弾[編集 | hide]

2019年に発売されたコイケヤのスナック菓子スコーンのフレーバー。野性爆弾くっきーをモチーフにしたピリ辛野菜炒め味とされているが、実際は単に辛いだけであり、開発陣は爆発的ヒットを狙ったのだろうが評価は振るわず爆死した。

八ヶ岳[編集 | hide]

あいつがキノコだ。

やっしー[編集 | hide]

サイバーキッズ共和国のブロガー。ブロガーのくせにネットが嫌い。

野暮[編集 | hide]

洗練されていないこと。イモ。しかしそれがウェブサイトであったならば、これからまだまだ伸びしろがあるということである。

[編集 | hide]

[編集 | hide]

東京人にとっては、空から降る白い奇跡。しかしとうほぐ人にとっては白い泥でしかない。尚沖縄人にとってはフィクションであり、実在しないと思っている。

諭吉[編集 | hide]

  1. 福沢諭吉のファーストネーム。
  2. 一万円の俗語。上記の人物が紙面に掲載されていることによる。年末年始に群れを成して、羽を生やして飛び交う習性がある。

[編集 | hide]

宵越しの金は持たぬ[編集 | hide]

宵越しに金の入った財布を持たず、家族でのんびり過ごすこと。転じて、落ち着きのある人のこと。

[編集 | hide]

  1. 家庭内暴君。
  2. 社会的暴君。
  3. 寝所内暴君。

[編集 | hide]

  1. 人間が動物に帰る時間帯。
  2. 歴史が作られる時間帯。

弱きを助け強きを挫く[編集 | hide]

卑怯な手を使って強者を罠にはめ、無力な弱者に「助けてやっただろ」と恩を売る卑劣な行為。