ハワイ州、オーソン・ウェルズのラジオ版「宇宙戦争」を現代的にリメイク

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2018. 01. 15. UNN Hawaii】

アメリカハワイ州は現地時間13日、オーソン・ウェルズのラジオ版「宇宙戦争」放送80周年を記念し、現代風にリメイクして再放送・再配信した。

今回の再放送では、時代状況の変化を踏まえ、脅威を火星から地球の反対側、北朝鮮に変更。制作者によると、アメリカ・ファーストの高まりによって、アメリカ人の世界的視野が狭窄しつつあることを反映してのことだという。

今回の再放送では、現代化を徹底し、スマホにも情報が配信された。

更に徹底的に現代化するため、スマートフォンへの配信システムも活用し、掲載されているような警告メッセージを州内のスマホに一斉送信したという。「ハワイ州政府が直々に制作したからこそできること」だと、担当者は語っている。

今回ハワイ州が「宇宙戦争」のリメイクを決定した背景には、北朝鮮による大陸間弾頭ミサイル(ICBM)の脅威が日に日に増す一方で、日常的な避難訓練への参加率が低いことへの危機感を募らせ、もし実際にミサイルが襲来した場合の州民・観光客の行動をシミュレートしたデータを得る必要性を感じたためだという。

しかし、80年前から何も学べずにパニックを起こした州民や観光客からの反応が芳しくなかったため、ハワイ州のイゲ知事は、「下っ端役人の操作ミスだった」として、記者会見で陳謝した。

なお、今回のリメイクはトランプ大統領には通知されておらず、「さすが日系パール・ハーバーのショックをもう一度起こしてくれた。悲しいことだ!」とツイートして、フロリダ州でのゴルフ接待を一時中断したという。

#宇宙戦争 #オーソン・ウェルズ #ICBM #北朝鮮 #ハワイ州

(この記事は、開拓者によって、日本語から嘘語に翻訳されたものです)

このニュースはフェイク・ニュースであると、顔をオレンジに染めることで忙しい大統領の弟によってツイートされています。以下の通り引用します。
Trump EO.png
「このニュースは、永遠にフェイク・ニュース・メディアとしてのUNNの悪名を世間に知らしめ続けることだろう。悲しいことだ!--Donkey Jackass Tr**p (トーク/投稿記録) 2021年1月27日(水) 09:39 (UTC)
Usonews logo new.png

この記事「 【UNN】ハワイ州、オーソン・ウェルズのラジオ版「宇宙戦争」を現代的にリメイク 」は、
2018年年間トップ記事制度 ニュース部門2位入賞 してしまいました。

この事実にウソペディアン 悪臭 拍手するべきです。