【特集】サラおばあちゃん、和の文化に目覚める

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オリエンタル日報 2019/06/12】

世界のどこかにある、クリッターカントリーにある隠れ家的レストラン「グランマ・サラのキッチン」で、細々と洋食を作り続けてきたジャコウネズミの「サラおばあちゃん」ことグランマ・サラ氏が、突如変わり種メニューを提供し、常連客から驚きの声が広がっている。

そのメニューというのが、名物メニューである「季節のおすすめセット」。例年なら、オムライスハンバーグなどの家庭的な洋食が振る舞われるのだが、今夏のサラおばあちゃんはちょっと違った。

出されたのは、なんとうどん。そして、いなり寿司。温かな家庭料理で親しまれたサラおばあちゃんが、突如和食に目覚めたのである。詳しいラインナップは以下の通り。

  • 鶏そぼろと海老の冷やしうどん
  • いなり寿司(二貫)
  • オレンジゼリーとヨーグルトムース

まず、このうどんは豆乳が使われたまろやかなもので、味噌味の鶏そぼろと海老の天ぷらが乗っている。さらに、薬味として食べるラー油がかけられており、和食でもサラ氏のセンスは相変わらず健在であることが伺える。

いなり寿司は、甘いお揚げが絶妙に再現されている他、サラ氏と親交があるスター・ミッキーマウス氏のマークが焼き加工として施されている。ミッキー氏お墨付きということであろうか。

うどんといなり寿司でお腹を満たしたら、デザートはオレンジゼリーとヨーグルトのムース。甘いオレンジゼリーと爽やかな酸味のヨーグルトムースの上に散りばめられたオレンジピールのほろ苦さが味を引き締め、これまた絶妙な味わいであった。

あいにくサラ氏は多忙のため取材には応じていただけなかったものの、店員さん曰く、先日サラ氏が日本を訪れられた際に食べたうどんの味が忘れられず、自ら作ろうと試行錯誤した一品とのこと。

家庭料理のスペシャリストが唸ったうどんが、その人(ネズミ?)の店でいただけるという素晴らしいチャンス。「洋食屋さんでうどん?」と疑問に思われる読者もいることだろう。しかし、そば屋のカレーという偉大な先例があることに鑑みても、異質なものの組み合わせは思わぬ化学反応を生み出すようだ。販売期間は9月1日までとのことなので、是非足を運んでみてほしい。お値段は1,580円、飲み物が付属する。

Usonews.pngこの記事はウソニュースだと主張されています。

でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません。

それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?