ウソニュース:メーデーにあわせ、家族内ストライキ発生

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

【わた新聞 5月1日18時】

このほど、私の母親(39)は家の中でストライキを起こしました。母は家事業に対するベースアップ、並びに労働時間の短縮を交渉条件としており、私の父親(41)と交渉に入っています。


私の母親によれば、昨年のボーナス分割交渉においては実質的な外食2回分程度の増額に留められたために、今年は念願となる洋服1着分レベルの増額を要求しています。曰く夏物のお洋服が少ないから、もっと買わせてほしいとのことですが、昨年含め増額されたお金はママ会に費やされ、本当に洋服に充当されるかは不透明な状況です。また、今年は家事業に対する労働時間にも焦点を当て、食洗機くらいは自分で回してほしいと食事の始末に関する作業について、時間短縮を求めています。背景には、夜の9時から始まるテレビドラマを見たいためであることがわかっています。なお、交渉妥結に至るまでは食事作りに関する一切の活動を停止させ、父親と私諸共兵糧攻めにする様子です。

これに対して、私の父親はまずボーナス分割交渉に対し、夏物の洋服はもう6着あるはずだ。普段から外出をしているわけでもないのに、まだ必要なのだろうかと対抗姿勢を示し、靴1足分程度の増額に抑えたいようです。しかし、今年からは父のボーナスはまさに洋服1着分増額しているはずだから、これは明らかに出し惜しみをしているといえるでしょう。また、労働時間については皿は水に浸けているだろうと時間短縮に対する疑問を呈しており、どちらの交渉も一筋縄ではいかないと予想されています。ただし父は夕食とビールを心待ちにしているようで、一刻も早い交渉妥結に際しては譲歩を行う用意があると考えられます。

なお、この交渉の中にわたし(14)の存在は全く含まれることはありませんでした。同級生の間でも平均より低いとされるお小遣いの額、年を追うごとに質が下がっている誕生日ケーキに対する交渉は、母にも父にも取り付く島さえないのが現状です。

この記事「 メーデーにあわせ、家族内ストライキ発生 」は、
第二回藍色執筆コンテスト2位入賞 してしまいました。

この事実にウソペディアン一同 瓢箪 驚嘆しています。

この記事「 メーデーにあわせ、家族内ストライキ発生 」は、
2018年年間トップ記事制度 ニュース部門2位入賞 してしまいました。

この事実にウソペディアン 悪臭 拍手するべきです。