ウソブックス:一万円の電化製品をタダで買う方法

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
Jump to navigation Jump to search
法律
接触
この記事や節の内容は法律に触れているかもしれません。少なくても、かなりグレーゾーンです。真似して捕まっても、責任は一切負いません。ご了承下さい。お願いしましたよ。
初版投稿者未実証

この記事の内容は初版投稿者は怖くて未だに実証できていません。この初版投稿者のヘタレが。

こんにちは! さて今回は、一万円の電化製品をタダで買う方法を読者の皆様に伝授したいと思います。ですが、この内容は色々と危険なので、よい子は絶対に真似しないでください。もし、真似して捕まってしまっても誰も責任を負いませんので気を付けてくださいね。

どうすればタダで買えるのか[編集 | hide | hide all]

今回は、一万円のイヤホンを買うとしましょう。イヤホンに限らず、一万円なら、プリペイドカードでも、ドライヤーでも何でもいいです。

まずは、ポイントカードの制度があり、返品したら商品の全額が戻ってくる家電量販店などを探します。そして、見つけたお店で新しくポイントカードを作ります。(この「新しく」という言葉は物凄く重要です。)

次に、ポイント還元サービスでたくさんポイントが付く商品を探します。つまり、10%還元なら十万円の、5%還元なら二十万円の商品を探します。購入する商品は、持ち運びやすいプリンターカメラノートパソコンをお勧めします。

さあ、いよいよ購入です。その商品のポイントを、新しく作ったポイントカードに貯めます。そのポイントを使用し、今回の目的である一万円のイヤホンを購入します。

そして最後に、ポイントを貯めるために購入した商品を期限までに全部返品します。そうすると、ポイントを貯めるために購入した商品の全額が返ってきます。つまり、あ~ら不思議、一万円するはずのイヤホンはタダで獲得したことになっちゃうのです。

問題点[編集 | hide]

  • 返品した際に、その商品でたまった分のポイントは減らされるはずじゃ? と思ったそこのあなた。そんなポイントカードなんて捨てちまえばいいんだよ!
 

この項目『ウソブックス:一万円の電化製品をタダで買う方法』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ