ウソブックス:管理者になる手順

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この書籍「管理者になる手順」は、初版投稿者によって同一性保持権がガチでつよく主張されています。なので初版投稿者のお許しもなく「無許可でのリバートや内容の置き換え」等を行ったり、テンプレートを剥がした場合は荒らしとみなされ、著作権保護団体員達によって逮捕されるかもしれませんので、ご注意ください。どうしても自分勝手に本を書きたい場合はウソブックス:管理者になる手順 (2)のようにフォークを立てて、あとは独自論を勝手にお書き下さい。

  • これは、どのサイトでも使える手法である。
  • ただし、「(サイト名)」等は、そのサイトのみで通用する事。

態度面[編集 | hide | hide all]

  1. いつも敬語を使う事。
  2. いつも常連利用者にへりくだる事。それにより投票時、賛成票をより多く勝ち取れる。
    • 特に運営者や管理者には絶対である。
  3. 指摘を受けたら、文句を言わず、素直に改める事。
  4. なるべく怒らない事。

議論時[編集 | hide]

  1. 荒らしではない削除依頼にかけられている記事に、削除票を投じない事。それにより作成者がお前の立候補時、恩返しするであろう。
  2. できるだけ中立である事。これにより、双方の支持を集めやすくなるであろう。

編集[編集 | hide]

  1. 中身のある記事を作る事。
  2. 継続的に編集する事。有権者に忘れられないように。
  3. 出典を忘れないようにする事。(ウィキペディア)
  4. 事実を混ぜ込みすぎないようにする事。(ウソペディア、アンサイクロペディア)
  5. 独自研究はしない事。(ウィキペディア)
  6. ジミー・ウェールズ(ウィキペディア)やお察し下さい(ユアペディア)、禁則事項です(ウソペディア)やオスカー・ワイルド(アンサイクロペディア)を誹謗中傷しない事。

結論[編集 | hide]

他の人と丁寧に接し、その場のルールに従いつつも、時には自らの裁量で動くこと。これはウィキサイトに限らずあらゆる分野の多くの場面で必要なスキルである。

それができないのにどうしても管理者になりたい人は、ウィキアにでも行って、新しいサイトの創設者になれば??