ウソペディア:ログイン記事投稿

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウソペディアでは、新規記事などを執筆する際にログイン投稿することをお勧めしています。ここではその方法などについて説明しています。

ステップ1

ここではなぜログインを推奨するのかといった説明とアカウントの作り方について説明します。

なぜログインを推奨するのか

  • IPユーザー投稿者の投稿履歴に残るIPアドレスは、一見すると匿名で投稿している形式に見える場合もありますが、実はIPアドレスは簡単にプロバイダーを特定することができます。
  • 場合によりお住まいの地域の特定や勤務地からの投稿の場合は会社特有のドメインも特定が可能なので、IPアドレスは個人情報を晒す結果となります。2006年に話題になった楽天証券自社に関わる不利益情報をWikipediaから削除(参考記事・外部へリンクします)の件は楽天証券の社員が自社ビル内からWikipediaに掲載されている自社に関する記事に投稿、楽天証券の独自ドメインによる楽天関係者からの投稿と特定され、この話題はマスメディアにも取り上げられて批判を受ける形になりました。
  • 上記の楽天の件のようにIPアドレスの投稿履歴が残り自身を危険に晒すことになりかねないIPユーザー投稿には何のメリットもなく、個人情報が安易に特定されるデメリットか大きいのはご承知して頂き、即日登録完了・手続きは約2分程度で取得できるウソペディアのアカウントをご利用することを強く推奨します。

アカウントを作ろう

  • 無料でウソペディアのアカウントIDが取得できます。登録は希望するアカウント名、パスワードのみ(メールアドレス・本名記入欄ありますが任意です。希望者のみ記載)で簡単に手続きは完了、即ウソペディアのユーザーとして記事の執筆に参加できます。

ログインのメリット・IPユーザーのデメリット

ログインのメリット・IPユーザーのデメリット
項目リスト   ログイン利用者  IP利用者  コメント
ウォッチリスト × ログイン利用者は投稿記事をいつでも簡単にウォッチできます。
利用者ページの開設 自分のプロフィールを紹介したページを開設できます。また、ここウソペディアは他のMediaWikiサイトと違い、ip利用者の方も自分の利用者ページを作れます。
意見の表明 可変IPユーザーはアドレスが変わりますので意見の表明、
議論などの発言にはログインすることを推奨します。
新規記事の投稿 ログイン・IP利用者共に新規記事を投稿できます。
保護中の記事 × × ログイン・IP利用者共に執筆できません。(但し管理者の場合は執筆可能)
半保護中の記事 × 自動承認されたログインユーザのみ執筆可能
記事の移動 × ログイン利用者のみ利用できます。
目次の非表示設定 × ログイン利用者のみ利用できます。
記事の履歴からの削除 × × ログイン・IP利用者共に削除できません。
削除方針を参照。
記事の訂正、除去 ログイン・IP利用者共に記事を訂正、除去の投稿はできます。

ステップ2

ここでは「ログインユーザーになったらどんなことが出来るの?」という疑問や登録してまずやることについて説明します。

まず初めにやること

  • ウソペディアでは、荒らし防止と様子見のためアカウント作成から一定期間は一部制限をしています。例えば「新規ページの作成」や「ページの移動」もその1つです。条件を満たせば「自動認証」されこの制限が解除されるようになっています。この下の手順に従って一通りやっていったら、「自動承認された利用者」になっていると思われます。
  • 登録したら、まず自己紹介ページに簡単な自己紹介をしてください。そうすれば、管理者もあなたの参入に気付いてくれるでしょうし、構文の基礎練習にもなります。
  • 自己紹介した後、まだ記述のやり方や書き方がまだわからない方ここで練習してください。
  • 必須ではありませんが、メールアドレスを登録しておくと便利です。パスワードの再発行が出来るようになるのでもしもの時も安心ですし、変更が合った時にお知らせメールが来ます。自由気まぐれでやっているウソペディアではそれぞれ活動の時間帯もバラバラなので、トークの返信の通知もくるので便利かつ効率が良いでしょう。登録時に入力しておくといいかもしれません。登録時に入力できなくても後から個人設定からも登録できます。アドレスはフリーのものでも普通のものでもOKです。ぜひ登録してみてください。なお、使い捨てメールの使用は非推薦です。

ログインユーザーになったらできるようになること

画像アップロード
  • ウソペディアの記事に即した画像を掲載・投稿することができます。
  • 控えて頂きたい画像は、ピントが極端に合っていない・不鮮明な画像です。掲載記事に即した百科事典の資料画像に相応しいか?を判断の上、ご利用ください。また卑猥な表現を含むアダルト画像、自分が著作権を所有しておらず無許可であり、且つ転載元についての明記がない場合、転載画像は掲載できません(投稿・掲載禁止)

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。