エクストリーム・タブンネ狩り

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エクストリーム・タブンネ狩り(えくすとりーむ・たぶんねがり)とはイッシュ地方で盛んに行われているエクストリームスポーツである。

概要[編集 | hide | hide all]

ポケットモンスターのイッシュ地方において、経験値とレベル上げの欲望から始まり盛んになったエクストリームスポーツである。他のエクストリーム・スポーツとは違い競技の歴史は5年とかなり浅いが、競技人口は500万人程とかなり多くいかに高い需要があるかが分かる。ルールは1時間以内にイッシュ地方各地の揺れる草むらを巡りどれだけタブンネを倒せたか・どれだけ経験値を稼げたかで勝敗を決めるというものであり、経験値を求めて多くのトレーナーが競技に参加している。なお、最近はカロス地方でも行われており、現在恐ろしいほど競技人口が増加している。なお、5年後に競技人口は1000万人を越えると推測されている。

公式競技へ[編集 | hide]

2013年4月、タブンネ狩りは日本エクストリームスポーツ協会から輝かしく認定され、公式のエクストリーム・スポーツとなった。この競技は普通のスポーツからエクストリーム・スポーツに昇格するまでの時間が最も短くギネス世界記録に認定されている。なお、この記録は未だに更新されていない。