エクストリーム・ダイブ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エクストリーム・ダイブとは、暑さにやられた若者が行うエクストリームスポーツである。

概要[編集 | hide | hide all]

橋の欄干や岩場から川にダイブして競う。合法な場合もあるが、一般には禁止されている場所で行われる。

得点は 飛び込む場所から水面までの高さ(m) - 川の深さ(m) + 以下の追加点 となる。

世界的には、成人儀礼として行われることも多いが、日本では所詮単なる若気の至りと一蹴されがちである。

追加点[編集 | hide]

  • 酔った状態で行う - 50点
    • しかし失敗する可能性もある。
  • 足が付く(怪我無し) - 20点
    • 怪我しないで付くとはすごいことである。
  • 警備員の警告を無視する - -10点
    • ばれてはいけない。
  • 突き落とされる - 200点
    • なかなかのもの。
  • 突き落とす - -200点
    • 逆にこちらは減点対象である。
  • 水場以外にダイブ - 失格
    • この競技の方針からズレているため。

主な会場[編集 | hide]

  • 道頓堀川 - 暑さとは無関係に阪神が勝てば冬だろうと行われる。ただしとても危険である。カーネル・サンダースがプレイヤーになったこともある。
  • DIVE!! - このエクストリームスポーツを題材にした小説。映画やアニメなど様々なメディアで展開された

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。