エクストリーム・蹄を靴につける

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エクストリーム・蹄を靴につけるとは、などの家畜を主たる動物から蹄を取って靴につけてどれだけ歩行できるかを競うエクストリームスポーツである。

ルール[編集 | hide | hide all]

蹄を大きさに合わせて様々な動物の蹄を靴に付け、距離を測定しながら歩行を行う。途中で転んだり、車両に轢かれたり、死亡したり、蹄を靴から外すと、その時点で失格となる。

その中でも最も長距離を歩けた者が優勝となる。

関連項目[編集 | hide]

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは458日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。