エスペラント

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
エスペラント語から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「エスペラント」の項目を執筆しています。
Enpedia.png
ウィキペディアの項目が居苦しいと感じ始めたユーモア欠落症患者の為にヤツデ感染症のエンペディアン達が「エスペラント」の項目を執筆しています。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「エスペラント」の項目を執筆しています。

エスペラント(Esperanto)はザメンホフ自然言語の理不尽さに対抗すべく作った国際補助語に分類される人工言語である。

概要[編集 | hide | hide all]

エスペラントは、希望を意味する言葉に由来し、英語などの自然言語には数多く存在する不規則活用[1]を完全に排除した、完全に規則的な極めて美しい言語である。語彙の大半はラテン系の言語に由来しているが、一部スラブ系などにルーツがあるものもある。

格変化は二つに減らし、動詞人称・時制変化も比較的単純化されているので、(更に単純な英語圏を除き)西洋人なら二時間で学べるとも言われている。たった二時間でわかってしまうのだからある意味では中身の薄い言語ともいえるだろう。事実、元々の自然な語彙も多くはなく、不足分は合成語によって補われているなど、人工言語であるが故の一種の薄っぺらさがある。

とはいえ、独自の文学作品を編み出せる程度には発展しているため、人工言語の中ではもっとも発達している部類とは言えそうである。

エスペラント話者のなり方[編集 | hide]

「Mi estas Esperantisto.」
エスペランティスト について、エスペランティスト

まずは、これだけは覚えよう。意味は、「私はエスペランティストです」だ。後はゆっくり学べばいい。

脚注[編集 | hide]

  1. 日本語ではカ行変格(来る)・サ行変格(する・○○する)がそれぞれ不規則活用である。古文では、他にナ行変格(死ぬ・去ぬ)・ラ行変格(あり・をり・はべり・いまそかり)活用も存在したが、これらは現在では五段活用として規則化している。
 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは447日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。