エンペディア

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エンペディア(:Enpedia、えんぺでぃあ)とは、実態のあるエンサイクロペディアのパロディサイトである。自称「謎の百科事典もどき」だが、実際には次第に「謎のウィキペディアもどき」になりつつある。

概要[編集 | hide | hide all]

エンサイクロペディアがネタ記事だけでは終わらせられなかった、アンサイクロペディアンのオレリ氏が2009年に開設したウィキサイトである。当初は、NRVや独自出典のゴミ箱となっており、クソで何の役にも立たないウィキであったが、運営者がRxy氏に交代して以降は、徐々に謎のウィキペディアもどきとして発展しており、現在は31000記事を突破、ユアペディアポケモンwikiの次に規模の大きい過疎ペディアとなっている。

なお、wiki研究家の雲國斎博士によるとエンペディアの名は元ネタのアンサイクロペディアン達の妄想の産物であるエンサイクロペディアを略したものであり、当初は類似したロゴであったという。しかし、今では、謎のヤツデもどきのミヤコ様がロゴとなっている。

また、ウソペディアの記事はまるで誹謗中傷記事に見えていたが、エンペディアが執筆しているからには完全なる独自研究である。何故ならば、エンペディアには要出典を貼られるような堅苦しさは本来なく、独自研究もある程度までは記載できるからである。

記事の偏り問題[編集 | hide]

しかし、このような素晴らしいウィキにも欠点がないわけではない。特に致命的な欠点なのは、記事がサブカルチャー関連に集中しているということだ。これは独自研究を認めてしまった結果でもある。何故ならば、サブカルチャーは、難解な学術書に比べればはるかに容易にアクセス可能で、それなりの記憶に残すこともできるからである。

この件について、ウソペディア管理者の1人が「偏りがちではないでしょうか?」と発言したところ、「別にどうでもいい」「喜んで受け入れるべき」と真っ向から反論された。サーバー管理者もサブカルチャー好きであり、特に気にしていないようだ。

ウィキペディア化[編集 | hide]

スタッフがウィキメディア財団のスチュワードであることなどの影響からか、徐々にウィキペディアンによる兼業率が高まっており、本来の目標である「謎の百科事典もどき」を超えて、「謎のウィキペディアもどき」になるのは最早時間の問題となりつつある。

その証拠に、昨今では議論が長期化したり、ウィキペディアン顔負けの長文記事が立てられたりする[1]始末であるらしい。

脚注[編集 | hide]

  1. しかし、大抵長い記事はウィキペディアで拒絶されたものを救出したものである。これとかこれとかこれとか。

関連項目[編集 | hide]

ウィキペディア無し small.png
ナニモノかが、ウィキペディアエンペディアを報筆しましたが、色々な理由により、削除されてしまいました。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「エンペディア」の項目を執筆しています。
ユアペディアロゴ.jpg
ユーモア欠落症患者の犯罪者の為に荒らされまくって気がおかしくなってしまったユアペディアン達が「エンペディア」の項目を執筆しています。
Enpedia.png
ウィキペディアの項目が居苦しいと感じ始めたユーモア欠落症患者の為にヤツデ感染症のエンペディアン達が「エンペディア」の項目を執筆しています。
 

この項目『エンペディア』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ