オバケのQ太郎

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オバケのQ太郎( - きゅうたろう)とは、藤子不二雄が1964年から週刊少年サンデーに連載したホラー漫画である。通称オバQ。

概要[編集 | hide | hide all]

謎の妖怪翁刄糾(おぅばきゅう)の伝説を元に、妖怪オバQが引き起こす怪奇現象を描いた漫画として連載が始まった。が、内容が怖すぎるというクレームを受け、ストーリーをギャグマンガに変更して連載された。

登場人物[編集 | hide]

Q太郎
ただ飯食らいで大原家に居候している大原家のクソNEET。一食で20杯のご飯を食べるため、一日60杯ご飯を食べていることになる。
ご飯一杯を50円とすると、Q太郎の食費は一日50×60=3000円となり、一月のQ太郎の食費は90000円(おかず代も含めるとだいたい150000円)となるため、大原家は火の車と見える。

また、饅頭と靴にしか化けられず、犬を見ると発狂する。

その中身は禁忌とされていて、見たものは確実に死ぬと言われている。
O次郎
バケラッタ!バケ、バケラッタ、バケバケラッタ!(人間には解読できませんでした。)
P子
頭の悪い兄をかわいそうに思っているQ太郎の妹。本名はピー子。
大原正太
のび太、みつお、ケン一と並ぶダメ男だが、成績は他の人物と比較するとかなりマシな模様。また冒険心も強く、藤子不二雄作品ではなかなかいい男である。
小池さん
ドラえもんにも登場するため、ドラえもんとオバQは同一世界であると言える。
ドロンパ
アメリカに住んでいたとされるおバカオバケ。P子が好きであることから、ロリコンであると考えられる。

翁刄糾[編集 | hide]

中国に伝わる伝説の妖怪と言われている。最初の目撃者は漫画家の楳図かずおである。当初はウォーリーもどきのホラー漫画家が言うことなど信じない、という人が大半であった。しかし、その後あだち充曽山一寿などが目撃したと証言したため、信憑性は高まりつつある。尤も、あだち充は顔が同じクローンキャラを量産するという点で、また曽山は作品のわけの分からなさという点でどちらもホラー作家であり、楳図と大差ないのだが。

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

単行本[編集 | hide]

1988年以降は単行本化されていない。理由はQ太郎の正体を知った者には必ず災いがうわなにをするやめrくぁwせdrftgyふじこlp