オランウータン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オランウータン族(マレー語: 森の人、学名: Pongo pygmaeus、猩々族)とは、東南アジアの熱帯の島々に住む少数民族である。

概要[編集 | hide | hide all]

ボルネオ島・スマトラ島付近で生活している少数民族であり、人間が定着する前から住んでいた先住民でもある。平均身長は男性97cm、女性78cmとかなり小柄であるが、体重は男性60 - 90kg、女性40 - 50kgと身長と比較してかなり重い。

また、他民族と比較してもかなり毛深い民族としても知られ、褐色に長く粗い体毛で被われている者が多い。ただ、彼らの顔に毛はなく黒い皮膚を持つ。黒い皮膚から広くは黒人に分類される。この民族は決して猿の仲間ではない。

北海道のアイヌと樺太アイヌに違いが見られるように、海を隔てて別の島で暮らすボルネオオランウータン族とスマトラオランウータン族では生活や言語・文化様式などにやや違いが見られ、近年は別民族として扱うことも多くなっている。

なお、国籍別で見ると、その半分ほどはインドネシア国籍で一部のボルネオオランウータン族のみがマレーシア国籍を所持している。海外に住むオランウータン族の多くは、動物園で生活しており、動物と同様の扱いを受けている者が多いが、アルゼンチンの動物園で約20年間暮らされていたオランウータン族の女性に対し、アルゼンチンの地方裁判所は世界で初めて「人権」を認める判決を出した。(詳細は後述の名誉裁判の項を参照)

名称[編集 | hide]

民族名のオランウータンはマレー語で森の人という意で、森の中でしか生活しないことからこのように呼んだ。なお、中国など東アジアではその毛深さ故に魔獣民族として古くから恐れられ、妖怪猩々にあやかり猩々族(しょうじょうぞく)と呼ぶようになった。

日本では、かつては中国と同じく猩々族と呼ばれていたが、今日では国際的な呼び方に準じてオランウータン族と 言われることが多い。

風俗[編集 | hide]

衣服[編集 | hide]

オランウータン族は、普通衣服を持たず、裸体で生活をしている。ただし、毛深く十分にそれが役に立っているため、彼らにとっては特に支障はない。

飲食[編集 | hide]

主にイチジク・ドリアン・パンノキ・マンゴスチン・ライチ・ランブータンなどの果実を食べるフルーツタリアンな民族であるが、植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べるため雑食文化であるとされる。なお、水は朝に住居に溜まったものを毎日飲んで摂取するという独特の習慣がある。

住居[編集 | hide]

木の上を住居とし、モンゴル民族などの遊牧民同様に固定住居はなく、朝になると住居を離れ夜になれば一人一人が毎晩新しい住居を作って寝泊まりする。基本的には一人で生活を営む民族であるため、二人以上が住居を共有することは少ない。

名誉裁判[編集 | hide]

アルゼンチンのブレノスアイレス動物園で出生時から暮らされていたオランウータン族の女性「サンドラ」さんは、彼女は青年期から窮屈な動物園に対して嫌悪感を抱いており、度々その件について人権団体や動物愛護団体に相談を行っていた。2014年11月、サンドラさんが29歳の時動物愛護団体「AFADA」の協力をえて、自身の解放を求めて裁判を起こす。AFADAの弁護士は、「ブエノスアイレスの動物園にいるオランウータン族の女性29歳のサンドラさんは不当に監禁されており、うつ病の兆候も見られる」と訴え、解放して同胞たちとともに森で生活するようにすべきだと主張、サンドラさん自身もオランウータン語で「私は、生まれた時から少数民族という立場ながらも動物園に不当に監禁され、お陰で憂鬱な状態や不健康な状態が続いている。どうか私を解放してください。」と涙ながらに訴えた。

その結果、裁判所はサンドラさんに対し人権を認定。無事に彼女は森へと解放されたのだった。

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「オランウータン」の項目を執筆しています。
 

この項目『オランウータン』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ