カクテル

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カクテル:Cocktail)とは、お酒を芸術的営みに捧げた結果、できる美しき飲み物である。

免責事項[編集 | hide | hide all]

この記事は、偽通によって書かれております。色々間違っていても、気にしないでください。だって、ここはウソペディア、嘘の宝庫ですからね。
また、実在のバーにも触れていますが、宣伝ではありません。ただ思い浮かんだバーを適当に列挙しただけですので、勘違いしないでくださいね。

概要[編集 | hide]

お酒に別のお酒やソフトドリンクを混ぜることで、色合いや風味を磨くことができる。もちろん、アヴァン・ギャルドのように、反・美の意図をもって、ドロドロで怪しげなものを作り出すこともできる。

見た目の美しさや、風味の心地よさの割りにはアルコール度数が高いため、所謂レディー・キラーとして知られるものも多い。

種類[編集 | hide]

グラス別[編集 | hide]

ショット[編集 | hide]

ショットグラスに入ったカクテル。ショットグラスは1杯60mlで、絶対量は少ないが、度数40%ほどの蒸留酒のストレートを飲むにも使われる事からも推察できるように、非常に度数が高い。

  • ダイナマイト・キッド…PUBで飲める最も度数の高いカクテル。アルコール度数50%以上。

ショート[編集 | hide]

ショートグラスに入ったカクテル。1杯100~120ml前後で、度数は一般に20~30%程度。

ホテル・オークラのバーは、お客に合わせ微妙に配分を変えたマティーニを出すことで知られている。

ロング[編集 | hide]

ロンググラスに入ったカクテル。1杯200ml前後で、度数は20%以下のことが多い。

ベース別[編集 | hide]

ウィスキー・ベース[編集 | hide]

ジン・ベース[編集 | hide]

  • ジン・トニック…居酒屋でも飲めるポピュラーなカクテル。
  • マティーニ
    • ドライ・マティーニ…一滴だけベルガモットで、ほぼジン100%。他にもベルガモットのボトルを逆さにして振り、そのベルガモットが沁みたコルクでグラスをさっと拭いてから冷えたジンをグラスに満たして飲むスタイルもある。

テキーラ・ベース[編集 | hide]

ウォッカ・ベース[編集 | hide]

  • ウォッカ・マティーニ…マティーニのベースをウォッカにしたもの。

ワイン・ベース[編集 | hide]

ビール・ベース[編集 | hide]

日本酒ベース[編集 | hide]

  • 雪姫…うろ覚え。
  • ホット・サケ…日本酒とホットウォーターのカクテル。一部では「日本酒に混ぜ物は邪道」と、ホットウォーターを使わず直接日本酒を温める事も。
  • サムライロック…日本酒のライム割り。何がどうサムライなのかは不明。

色々あるんだけど、何せ偽通なので大分失念してしまいました。後は適当に加筆して下さい[1]

飲める場所[編集 | hide]

安い方から。

  • ムーン・ウォーク…一杯200円なので、学生が通ぶるのに適している。立地も、早稲田など、学生の街に多い。系や、天国と地獄など、多数のオリジナルカクテルを用意している。
  • 街中のバー…一杯800~1500円程度。シガーが楽しめる所もある。色々なバリエーションがあり、メイド・バー(秋葉原)や、監獄バー(上野)なども存在する[2]
    • バー・ルパン…太宰治ら、無頼派作家が集ったバー。銀座某所の地下にあり、昔ながらの雰囲気が漂っている。
    • グリーン・アップル…本郷通り、落第横丁の奥にあるバー。しかし東大の学生はあまり来ない。落第横丁という名に含まれるユーモアを感じ取るには、あまりにもユーモアが欠落しているからである。
    • HIGH FIVE…フォーブズによると、国内最高ランク、世界でも有数の格付けにあるとされるバー。銀座にある。メニューが存在しないため、カクテルの種類にある程度精通していないといけない。
  • ホテルのバー…一杯2000~3000円程度。

効果[編集 | hide]

シガー同様、精通すると大人っぽく見せられる。更に、うまく行けばレディー・キラーと夜景のダブルパンチで、女性を閨に誘導することもできる。

脚注[編集 | hide]

  1. このいい加減さはさすがに、筆者に向けて、ググレカスと言わねばならぬ。まあしばし待たれよ。待つ身が辛いか、待たせる身が辛いか、とはかの太宰治も言っていることではないか。
  2. 婦警のコスプレした可愛い女の子と両手手錠で結ばれて飲むドリンクは格別である。カクテルとしては安物なんだけどね。

関連項目[編集 | hide]

この記事は先編集権の放棄が謳われています。
この記事は誰でも自由に拡張・改変できますが、先編集権を理由に差し戻しされることはありません。
でも、ユーモア建前の区別を付けられるぐらいの知性は必要だよ?