キノコプレート

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キノコプレートとは、エーゲ海プレートの隣にある可能性のある地中海のほぼ全体を占めるプレートである。

概要[編集 | hide | hide all]

地中海中央部のキノコ王国付近にあるプレートと思われる為、この名前が命名された。

本来キノコ王国のある地中海中央部の場所は従来アフリカプレートとユーラシアプレートの境界点であるとされていたが、提唱者はこの付近に於いて本来沈み込む境界部である筈のキノコ王国中央部に於いて一年間に地面が西側に約1cHyde(1.56cm)動いている事を確認し、これ以降も確認できた事からこれを提唱した。

提唱当初は、地質学者での間では話題となったが、しかし、ここに新しいプレートが存在するという根拠は見つからず、寧ろユーラシアプレートとアフリカプレートの分離合体の前兆ではないかとされている。

観測された事項[編集 | hide]

ホウエン天文台及びホウエン大学地質学教授ら精鋭によく観測結果として以下の事項が得られた。

  • 基本的には西に1年あたり1cHyde動く
  • 中央部での隆起が激しい
  • プレートの地質は、海洋プレートではなく大陸プレートの地質を示している。
  • これを独立したプレートとして見た場合、東西で海嶺と海溝の位置は概ねユーラシア側が海嶺・アフリカ側が海溝の位置関係にあると考えられるが場所によっては逆転している箇所もある。

関連項目[編集 | hide]

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは459日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。