ギター博士

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は先編集権の放棄が謳われています。
この記事は誰でも自由に拡張・改変できますが、先編集権を理由に差し戻しされることはありません。
でも、ユーモア建前の区別を付けられるぐらいの知性は必要だよ?

ギター博士(-はかせ)とは近年ようつべに現れたギター解説者のことである。

概要[編集 | hide | hide all]

ただの変態にしか見えないが??

プロフィールの類はほとんど見つかっていない。年齢も不詳である。しかし、多彩すぎるプレイスタイル、技術、知識その他の楽器もプロ並みに弾きこなすことから、100歳以上と思われる。その割にはきれいな手。ウホッ。 かなでという15歳のアシスタントを飼っていることから、れっきとしたロリコンであることがわかる。博士ぇ~・・・。

インターネットで検索すると、偽物が現れたりもする。だがまぁ、気にしてはいけない。 筆者もギターを始めて13年になるが、これだけ修行しても大したレベルには到達できない。ギターとはそういうものである。 このことから、博士の年齢は200歳を超えていると思われる。

所有しているギターの数、エフェクターアンプまで総額2億円はかかっている模様。宝くじにでも当選したのだろうか? 謎に包まれるギター博士だが、自称妖精である。

 

この項目『ギター博士』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ