ケフィア

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ケフィアとは、を温めた時にできる残りかすである。

概要[編集 | hide | hide all]

電子レンジなどで牛乳を温めると、牛乳の上部に膜ができる[1]。これが一般のケフィアである。味はしつこく、ベトベトとした感触であるためこの状態で食べることは勧められない。大抵の場合はさらにを加えて薄め、混ぜることで飲料などとして利用される。見た目は白濁色でヨーグルトと似ており、粘り気もあるため、非常に不思議で独特な飲料として一部の家庭では重宝されている。

起源・利用[編集 | hide]

最古の文献はササン朝ペルシアの時代に、商人がヒツジの乳を沸騰させた際に偶然発生したと記録されている。この際に汚いと思った商人が匙ですくって捨てたところ、近くの草花に触れ、それらが一気に枯れていったことから除草作用もあるとされている。ケフィアに含まれる成分は放置しておけば2〜30時間で水蒸気と結束し除草効果がなくなるかわりに、ぬめりを出す成分が生まれ栄養を作るため、堆肥としても利用される。

脚注[編集 | hide]

  1. ラムスデン現象と呼ばれる。

関連項目[編集 | hide]