サポーター (サッカー)

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サポーター(:supporter)とは、サッカーに対する情熱が選手たちよりも深い、大衆のことである。

概要[編集 | hide | hide all]

サポーターの主な仕事は、スタジアムで訳の分からない歌を歌いながらバカ騒ぎをするだけで、こいつらのほとんどはサッカーのルールすら知らない。

しかし、本来の仕事は相手チームのサポーターとの戦争であり、試合前、試合終了後に行われる。

殴り合いの他、横断幕に火をつけたり、瓶を投げつけるなど、本格的に戦争をしている。

民家も巻き込まれることもしばしばあり、警察が止めに入っても警察官が殺害されるなど、警察も第3勢力として、戦争に参加する。

とどのつまりは、サッカーとは戦争を勃発させる危険な儀式であり、一刻も早く排除すべき球技の一つといえる。

ファンクラブに入るということは、徴兵に応じたということになる。世界各国で人気のあるサッカーではあるが、このサッカーがチーム別にサポーターという軍隊を持っている。日本でも例外ではない。たまに相手を挑発する横断幕が掲げられる。建前上それは禁止行為ということで、除隊を命令されるが、その裏で社会の冷たい視線を浴びる覚悟でまさに命がけの行為に敬意を表して大金がチームから給付される。

とにかく、このスポーツはエクストリームスポーツに分類するか、国際的に危険なスポーツとして取り締まるなど、対策が求められる。