サンタクロース

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「もはやクリスマスキリストの日ではなくサンタクロースの日である。」
クリスマス について、星新一

サンタクロース(X年12月25日 - )とは、毎年12月24日深夜に良い子のもとにプレゼントを置きに来る太り気味で白髭を生やし赤いふさふさの服を着た老人で、それを目的に子供のいる一般家庭に侵入する不法侵入のプロである。

概要[編集 | hide | hide all]

前述の通り世界的にも不法侵入のプロとして知られる老人で、普段はスカンディナビア半島のどこかで暮らしているが、12月になるとクリスマスツリーを通じて日常的に子供たちの監視行為を行い、良い子と判断した子に対しては住居に侵入して寝ている最中に枕元におもちゃなどのプレゼントを置く。なお、良い子の基準は非常に曖昧であり、現在もこれについては論争が絶えない。

世界中を移動する際には8頭または9頭のトナカイにソリを引かせて移動しているが、移動の際の荷物の重量が相当なものになるため、動物愛護団体から動物虐待であるとの批判を受けているが、トナカイ自身の意思に基づいてやっている行為であるとの意見もあり、これを巡っては死人の出る論争と化すに至っている。

ちなみに、各国はサンタクロース保護法に基づいて不法侵入を実質的に容認しているため、親はなかなか困りものである。

人数とトナカイ[編集 | hide]

かつては1人のみであったが、現在180名ほどのサンタが活動していることが公にされているほか、国立天文台などの観測結果によると実際には非公認のアルバイトを含め1000人以上のサンタクロースが活動しているものと思われる。

トナカイは8頭または9頭存在しそれぞれ名前が付いている(これは本当)[1]が、実際には1000人以上のサンタクロースがいて他のサンタにはそれぞれ2頭のトナカイが付くため、それ以外の名無しのトナカイもお察し下さい頭と存在すると思われる。

脚注[編集 | hide]

  1. 前からダッシャー・ダンサー・プランサー・ヴィクセン・コメット・キューピッド・ダンダー・ブリクセムの8頭。最先頭に赤鼻のトナカイ「ルドルフ」が付くこともある。

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『サンタクロース』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ