ジバニャン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曖昧さ回避:ジバニャンとは・・・

1.主にピカチュウの肉を主食とし、容赦なく人を殺す、有害猫型殺人地縛霊のこと。本項で解説。
2.磁場をもった猫の事磁場ニャンを参照。

もしかして:磁場ニャン


ジバニャンとは、主にピカチュウを食べ、容赦無く人を殺す等の数々の犯罪を起こしてきた猫型殺人地縛霊である。自称妖怪であるが定かでは無く、実際は幽霊である。その犯罪件数はドナルド等を遥かに超え1億件以上に昇る。

概要[編集 | hide | hide all]

ジバニャンは妖怪を自称する地縛霊である。運転士の生者をすぐに襲い、殺人を行う殺人犯でもあるが失敗することがあるのでその場合は運転士は気づかない。社会的には全く通用しない思考を持つとされている。

主な主食はピカチュウで、主に人目に付かない所でピカチュウを食べる。

ジバニャンへの攻撃法[編集 | hide]

ジバニャンには無効な攻撃と有効や攻撃がある。

基本的に生物・妖怪関わらず、特定のものに効果がある場合が多いが、例外も存在する。例えば電撃による攻撃の場合、ポケモンの電撃は効かずにそのまま電気が通り抜けるだけであり、物理攻撃をしようにも、そもそも見えないので[1]物理攻撃も不可となる。しかし、妖怪による電撃はなぜか有効である。

なお、これらの生物攻撃はノーダメージ・妖怪攻撃は有効となる理由について、妖怪文化研究学者は、妖怪は原子実態として存在せず、人心に生かされて初めて存在できるものなので、生物による攻撃はそのまま透けて行くのである。要するにポケモンの攻撃によるそれらは物理的存在の無い妖怪に当たることなく、透けていってるのではないかという。

脚注[編集 | hide]

  1. 当然だが、妖怪は人間のみならず、地球上の全生物が基本的に視認不可である。

関連項目[編集 | hide]

  • 妖怪ウォッチ - 奴が登場する作品。
  • 幽奈 - ゆらぎ荘の幽奈さんの人物。ライバル。余談であるが2018年夏にシャドウサイドの再放送の後にやっていた
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「ジバニャン」の項目を執筆しています。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「ジバニャン」の項目を執筆しています。
 

この項目『ジバニャン』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ