スタッフが美味しくいただきました

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スタッフが美味しくいただきました(スタッフがおいしくいただきました)とは、食べ物に対する非礼を詫びる際に責任転嫁を兼ねて用いる言葉である。

概要[編集 | hide | hide all]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「スタッフが美味しくいただきました」の項目を執筆しています。

古来より日本では、貧富の差が激しかったことや閉鎖的な環境であったことから「食べ物を粗末に扱うとバチが当たる」という教えが浸透していた。そのため、バラエティ番組などで撮れ高を目的として食べ物を粗末にすることは言語道断であり、クレームは必至である。しかし番組の製作陣は、「とりあえずスタッフの不備ってことにしときゃいいや」と考え、この言葉が注釈代わりとして使われ始めた。もちろん実際に食べているかどうかはお察し下さい

使用例[編集 | hide]

  • こぼしてしまったお米はスタッフが美味しくいただきました。
  • 焦げたホットケーキはスタッフが美味しくいただきました。
  • 地面に落ちてしまったパイはスタッフが美味しくいただきました。
  • タピオカパンスタッフが美味しくいただきました。
  • 胸に残り離れない苦いレモンスタッフが美味しくいただきました。

テンプレート[編集 | hide]