スッカラケッチー

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スッカラケッチーは、日本のお笑い芸人美容家IKKOの持ちネタの一つ。

意味[編集 | hide | hide all]

  1. 中身がすっからかんで、とてもケチである。
    例:「あら、宇曽辺さんったら、割り勘拒否するなんて、もう、スッカラケッチ~!」
    これは間違った使い方である。語感はそれっぽいが、本来の意味はこれではない。
  2. スプーンじゃないの?」
    韓国語由来の言葉であるが、結局のところほぼ無意味である。文法的に正しいのは「숟가락이겠지?(スッカラギゲッチ?)」らしいが、そんなことは韓国語の専門家でない限り誰も気にしない

現状[編集 | hide]

「どんだけ~」や「背負い投げ~」がある程度の市民権を得ているのに対し、スッカラケッチーは今一つ定着しないのが現状である[1]。意味が分かりにくいことや、他のギャグ言葉より冗長であることなどが理由に挙げられる[2]

どこのテレビ局も全然使ってくれないなんて、ほんっと、スッカラケッチ~[3]

脚注[編集 | hide]

  1. 辛うじてチョコプラ松尾が使う程度である。
  2. たかが8文字、されど8文字。何でも短くまとめなくてはいけない現代社会では、8文字すら「長い」と言われる始末である。ましてやこの脚注など長すぎて読んでもらえない。
  3. この使い方は違うとさっき言うたろうに。

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「どんだけ〜」の項目を執筆しています。