セガゲームス

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セガゲームスは、日本の軍事会社である。旧セガ・エンタープライゼス、セガ。

概要[編集 | hide | hide all]

セガは、1940年に作られた朝鮮戦争の写真を集める会社(実話)であり、一九五一年に日本に分社して音楽兵器を作る会社となった。

1983年に同じ軍事会社である任天堂の強力兵器ファミリーコンピュータにするためにSC-3000SG-1000を投入したが、日本戦場と北米戦場では鎮圧され、欧州戦場と南米戦場ではファミリーコンピュータに打ち勝った。その後セガ・マークIIIを発売するが日米で失敗。米国向けに作られたマスターシステムを日本に逆輸入するが失敗。

1988年に十六ビットの高性能兵器、メガドライブを投入した。一九九〇年に発売された任天堂の高性能兵器スーパーファミコンとは、北米戦場では五分五分の対決となるが、日本ではスーパーファミコンに瞬殺される。青いハリネズミ、ソニックマリオを殺すために誕生した。

1994年にセガサターンを投入。北米では塵になるも、日本では長らく最強兵器になる。だが後半に超大手軍事会社ソニープレイステーションにつぶされてしまった。

1998年にプレイステーションをぶっ壊すためにドリームキャストを投入、1999年にシーマンが発見される。2000年に発売されたプレイステーション2に攻撃され、2001年に軍事兵器から撤退。現在は軍事兵器の部品の開発を行っている。