ソックパペット

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソックパペット(そっくぱぺっと、:Sockpuppet)とは、一人の人間が操る複数の靴下である。

概要[編集 | hide | hide all]

靴下を被ってパソコンに向かっているソックパペットの中の人。

通常、ある程度MediaWikiサイトでは民主主義的制度が意思決定システムとして用いられる。しかしながら、技術的には複数アカウントの作成が可能であるため、時々民主主義ではなく株主総会アイドルの総選挙と勘違いし、いくつものアカウントを作成してコミュニティを支配しようとするユーザーが現れる。このようなユーザーは探偵小説の読み過ぎからか、自分の使用しているデバイスに指紋を残さないために靴下をまとう傾向があるので、ソックパペットと呼ばれる[1]

誤用[編集 | hide]

奇妙なことだが、コミュニティ操作を目的としていない多重アカウントもしばしばソックパペットと呼ばれる。例えば、完全に分業しているアカウント群や、サブアカウントと明記されたサブアカウントなどがそうである。しかし、これは厳密には誤用である。複数投票を行って民主主義を破壊しているとは直ちには言えないからである[2]

このような多重アカウントが直ちに不正とされるかはウィキサイトにの管理者たちによっても判断が分かれるが、技術的に多重投票の可能性があるという時点で、警戒対象になるので推奨されないのは、基本的にどこでも変わらない。

多くの場合、ちゃんとした理由がなければ本体アカウント以外には大量のブロッコリーがプレゼントされることになり得る。

ブロック破り[編集 | hide]

ブロックされたユーザーが、これを回避するために多重アカウントを作成することがある。このような行為はブロック破りと呼ばれるが、ブロック破りに使われたアカウントもソックパペットと呼ばれることがある。この場合は、ブロックによって期間中の投票権を失ったユーザーが投票を行っていることになり、票数によらず民主主義に対して不正を行っていると見なされるからである。

対策[編集 | hide]

Extension:CheckUserを導入し、同一の環境やIPからのアクセスを行っている複数のアカウントを摘発することができる。しかし、いずれも偽装可能であり、共有環境である可能性も存在するので、チェックユーザーは万能ではなく、投稿の等の別の観点と複合的に組み合わせて判断することが重要である。

というのは理想論で、面倒だと思った管理者の多くは、CU引っかかったら自動でアウト、CU引っかからなくても投稿傾向の癖から疑わしければアウト、という措置を取る傾向がある。

稀にそのようなことをしない場合は、不正に使用されるIP[3]を検出するためだけに泳がせていることが多い。というのは、ブロック破りを行うユーザーはしばしば不正なIPを使い、ブロックして良いIPの情報をどんどん提供してくれる、見方によっては役に立つユーザーだからである。ブロック破りも使いよう、という訳であるが、このような「泳がせ」も不正なのでは、と正義感の強いユーザーからは思われる可能性がある。

本腰のソックパペット[編集 | hide]

近年では、個人が複数台のPCやスマホを持つケースも多い。このような場合、機器ごとに個別に通信契約して、その数だけのアカウントを綺麗に使い分ければ、決定的な根拠を見つけづらいソックパペットの作成が可能になる。この場合でも、大概「文は人なり」であり、特徴的な語彙や表現を使うことによって見抜ける可能性は十分ある。が、決定的なCU情報がないので、インターウィキ情報などの他の情報をもとに追い詰めない限り、通常ルールではどうしても野放しになってしまうリスクがあり、最も警戒される。

脚注[編集 | hide]

  1. 手袋ではなく靴下を使用することで、手袋に間接的についた指紋すら除去できると思い込んでいるらしい。
  2. 問題がない、ということは必ずしも意味しないことに注意。
  3. 例えばTorなど。

関連項目[編集 | hide]

  • ツイッター - ソックパペットし放題になっているサービス。世論操作に使われやすい。
  • 株主総会 - 公式に持ち株数分だけ投票できるので、大株主による乗っ取りを受けやすい。
  • アイドルの総選挙 - 選挙とは名ばかりで、買ったCDの枚数分だけ票を入れられる。このため、金持ちのパトロンを得れば誰でもセンターになれる可能性がある。
  • チェックユーザー
  • LTA - アカウント濫造荒らしを行うことがある。
  • - ある管理者によると、ソックパペットは皆癖が同じらしい。それは極論だとしても、多重人格者でもない限り通常は似通ってくると考えられる。