タピオカパン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jawpno.png
この項目タピオカパンは、ウィキペディアには存在しませんので、どうぞタピオカパンを執筆してあげてください。
NoYourpedia.png
荒らしまくられて気がおかしくなってしまったユーモア欠落症患者のユアペディアン達は「タピオカパン」の執筆をサボっています。このような快挙を手際よく成し遂げたことは我らの誇りです。
NoEnpedia.png
ヤツデ感染症のエリートのエンペディアン達も「タピオカパン」を執筆していません。いくらエリートでも、彼らはさらにエリートなウソペディアンとは違うのです。
ニコニコ大百科.gif
ニコニコ大百科ではわざわざ金をかけてまで「タピオカパン」の項目を執筆しているユーザーがいます。

タピオカパンとは、ドイツに本社を置くドイツパン類製造メーカー、及び同社の製品の商標。

概要[編集 | hide | hide all]

起こりはドイツ人のレオポルド・ノーマンドによってタピオカパンというパンが作られたのが始まりである。彼が生み出したパンはネーミング上の理由もあり(後述)、売れ行きは良くなかった。しかし2006年、当時黎明期であった動画投稿サイトのYoutubeに奇行ともとれるドイツ人の暴れる動画が投稿されると、日本のネットコミュニティ内で一部セリフが「タピオカパン」に聞こえると話題になる。これによりタピオカパンは日本における流行の下地が形成されていった。

さらに近年のタピオカブームによって日本をはじめ各国でタピオカ入りの食品が好まれるようになり、タピオカパンにはパンの注文・ライセンスが急増。アメリカ経済誌フォーチュンが選ぶ急成長している企業500の中に堂々の7.5位でランクインし、その頭角を示し始めている。

商品[編集 | hide]

タピオカパン自体はライ麦大麦を用いたいわゆるドイツパンを中心に製造し、国内向けパンメーカーとしてその地位を保ってきた。一方でオリジナルパンとして会社の名前の由来にもなったタピオカパンが挙げられる。これは焼き上がったパン生地にタピオカをあわせて練り込み焼き上げる、極めて簡素なパンである。しかしドイツパン特有の酸味に対し、タピオカに含まれるキャッサバ由来のもちもちとした食感は絶妙なスパイスとなり、味と食感の両方を楽しめる作りになっている。

しかしながら、ドイツ語でタピオカパンという発音は「ぶっ殺してやる」という物騒な言葉に近似していた。そのため街中で宣伝すればたちまちに人々からリンチを受け、パン屋の中でも「客を馬鹿にしている」と文句をつけられる始末であった。そのため大々的に宣伝もできず、見た目のよろしくないタピオカの存在も相俟って、鳴かず飛ばずの時代を過ごしていた。そのために、タピオカパンは現在でもドイツパンの製造を中心に行っている。

再注目[編集 | hide]

日本で売られている黒糖タピオカ揚げパン。流行の先端を行き女子高生から大人まで親しまれている。

ところがここ近年、日本を中心にタピオカブームが巻き起こっている。その見た目とおしゃれさから女子高生注目の的となったためである。タピオカ独特のもちもち感はまずミルクティーと合わさり、そこからさまざまな商品に展開していった。もちろんブームの裾野の一角にはパンも存在した。タピオカパンという商標はタピオカパンが取得していたために、タピオカパンは多額なライセンス料が舞い込んできたのである。さらにインターネットの普及によってタピオカパンの情報が正確に伝わるようになったため、ドイツ国内でもタピオカパンの人気に火が付き始めている。はたして創業者が夢見たタピオカパンのおいしさは、まず遠く離れた極東の地で評価されることとなり、やがてドイツに逆輸入されることとなったのである。