タブンネ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タブンネとは、とにかく虐待されまくってるポケモンである。また、エクストリーム・タブンネ狩りというタブンネを狩るエクストリームスポーツが行われている為、近年その虐待数は増え続けており、河川敷にタブンネの死体が転げ落ちていることも珍しく無くなった。

概要[編集 | hide | hide all]

このポケモンは、一種地方に於いて主に見られるポケモンである。なお、最近は日本でも一部見られるようになった。見た目からしてどう見ても真っパであるが、毛が生えているとかいないとか。

経験値量産機であり、毎日のように虐待愛好家、エクストリーム・スポーツ・プレーヤーから殺されており、近年になってポケモン・タブンネ・動物などの愛護団体から問題視されているが、公式や政府が推進している関係でこの効果は全くと言っていいほど無いだろう。なお、デデンネエモンガとは密接な関係を持っていると言われ、一説には裏で繋がっているという説があるが、余りにもお察し下さいな為、検閲により削除となってしまった。

虐待[編集 | hide]

タブンネビデオのタブンネ紹介シーンと虐待シーンを見た視聴者の反応
これもまたタブンネ親子シーンとタブンネ虐待シーンを見た視聴者の反応である。

タブンネは虐待されればされる程鍛え上げられ肉が美味しくなる他、さらには殺すと経験値が貰える事からエクストリームスポーツが行われていたりと、需要が高い為、虐待が年がら年中行われており、虐待愛好家が多い事でも有名である。また、虐待を現地虐待出来ない虐待愛好家の為にタブンネを虐待するビデオも製作されており、序盤の紹介などのシーンと虐待シーンで大幅に視聴者の反応が違いネタにされている。(右側の図)

名前[編集 | hide]

明らかに適当な名前である為、その名前については笑われる事が多い。その由来については一説によるとタブンネの名前が決まっていなかった頃に「こいつを殺ったか」と聞かれると「多分ね」と言った事からそれを真似る輩が続出しいつしか名前になったという説があり、こらはかなり有力である。もう1つ、他聞ねからという説もあるがあまり有力とは言えない。