ダーウィン賞

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「ダーウィン賞」の項目を執筆しています。

ダーウィン賞(〜しょう)とは、素晴らしい功績を残した者に贈られる最高の賞である。

概要[編集 | hide | hide all]

偉大なる自然学者のダーウィンの名前が冠された賞である。「特別な才能を持った者に対して贈られる、名誉ある賞」として、1994年に有志の手によって始められた。現在では男女含め合計で60人が受賞している。ちなみに、この賞を受賞した者の多くが不審死を遂げているが誰も気にしない

条件[編集 | hide]

ダーウィン賞の審査を務めるウェンディー・ノースカットによれば、受賞の条件は次のものだという。

身を挺して命を救うこと
  • 結果的に報われずとも命が助かった場合、その勇敢さを栄誉とする。
一般の者にはできないこと
  • 普通の思考をしていてはできないような、常軌を逸した行いを評価する。
真実であること
  • 現実に起きたことでなければもちろん意味がない。信憑性のある情報が大切である。

受賞事例[編集 | hide]

  • 1995年 - 井戸に落ちたニワトリを救おうと井戸に飛び込んだ男女6人。ニワトリは救助されたが、6人は全員死亡した。命を懸けて別の命を救おうとした勇敢さを称えて受賞。
  • 1998年 - 口論の末8階のバルコニーから落とし、電柱に引っかかってしまった妻を助けようと自身も飛び降りた夫。夫は死亡したが妻は無事に救助されたため、身を持って助けようとした勇敢さを称え受賞。
  • 2000年 - フォークリフトの講習動画を撮影中、スピードを出し過ぎて、かつシートベルトを未着用だったため投げ出されて死亡した男性。反面教師の如く命を懸けてフォークリフトの危険さを教えたとして受賞。
  • 2010年 - エレベーターに乗り損ね、車椅子で二度扉に体当たりしたところ扉が壊れ転落死した男性。車椅子の強靭さ、エレベーターのドアの脆さや理不尽さなどに抗議する形で受賞。
  • 2018年 - 外界との接触を拒むことで知られる北センチネル島に布教のため近づき、殺害された宣教師の男性。殉教するほどの宗教への熱心さを称賛し受賞。
  • 2020年 - 雪が積もった10月の富士山にニコニコ動画で生配信を行いながら軽装で登っていた男性。結果滑落して死亡してしまったが、「雪の積もる富士山に軽装で挑む」という命の危険を顧みない熱意を評価し受賞。なお、日本人受賞は今回が初である。

関連項目[編集 | hide]