チバラギ戦争

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チバラギ戦争(ちばらぎせんそう)とは、東関東の領土と権利を巡ってのび太国とチバラギ共和国の間で起こった戦争である。日本連盟との戦争が緩和状態になった3月末に開戦した。

概要[編集 | hide | hide all]

2015年、日本で起こった日本大反乱により、のび太国はチバラギ共和国に上陸し千葉県の利根川以南を支配した。チバラギ共和国は、これ以降も千葉県の領有を主張し、のび太国に返還を求めたがのび太国はこれに応じず、関係が悪化、2016年2月頃には北朝鮮との首脳会談にて、この戦争を示唆する発言があったが、暫くは起こる事はなかった。それを忘れていた間のび太国の軍部はチバラギ共和国に宣戦布告をし、戦争を開始した。当初、のび太氏は昼寝をしていた為、チバラギ共和国が優勢な状況下にあったが、のび太氏が起きると、戦勢は逆転しのび太国の優勢な状況になった。

現在、戦争は終盤に差し掛かっており、もう直ぐ終わると思われる。なお、現在は高萩地上戦が行われている。