チャージマン研!

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NoYourpedia.png
荒らしまくられて気がおかしくなってしまったユーモア欠落症患者のユアペディアン達は「チャージマン研!」の執筆をサボっています。このような快挙を手際よく成し遂げたことは我らの誇りです。

チャージマン研!(ちゃーじまんけん!、:ChageManKen )は、ナックが制作し、1974年に放送されたTVアニメである。

概要[編集 | hide | hide all]

通称「チャー研」。放送当時は人気がなかったが、作画の崩壊、作りこまれていないストーリー、設定の矛盾、テレビ的不適切な発言等のおかしな構成から、インターネットが普及してきた2000年代後半に2ちゃんねるニコニコ動画等で(悪い意味で)人気になった。

登場人物[編集 | hide]

泉研
主人公。普段は普通の少年だが、事件が発生すると光のパワーで変身し、地球の味方「チャージマン研」に変身する。ジュラル星人を見つけたら即座に惨殺射殺し、1匹残らず殺してしまう。泉研はチャージマン研であることを知られても気にしないようだが、4話では変身を見せてほしいと頼まれたが「でもぉ、みんなが真似すると、僕っ困るから」と断った(しかし、その後見せる結果となった)。
泉キャロン
なぜか一家唯一金髪である。人質にとられたり、泉研の暗殺に利用されたりする。スカートが異常に短く、パンチラがある
泉博
研の父。通称「パパ」。医者であるが、医者として活動している描写はない。医者のくせに精神病院を「こんなことろ」と言ったり、泉さおりから医者であることを忘れられたりする。「おいおい、私は医者だよ?」
泉さおり
研の母。泉研、泉キャロン、泉博たちを見守る。
バリカン
髪を剃るものではない。ロボット。時々一人称が変わったり、いろいろとおかしい。
ナレーション
名前不明。です・ます調とだ・である調が混ざっている。馴れ馴れしいため、「馴レーション」と呼ばれる。

キチガイ発言[編集 | hide]

16話での問題の発言。研が「よくもあんなキチガイレコードを!」と言った。34話では横田オサムが「えぇーと、月には、基地が5つ」と発言したが、どう聞いても「キチガイ、つつ」にしか聞こえない。

チャーケニスト[編集 | hide]

チャージマン研!の見過ぎで頭がおかしくなった地球人は、「チャーケニスト」と呼ばれる。独特の口調を持っていたり、時々カミカミになったりする人はチャーケニストに違いない!

 

この項目『チャージマン研!』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ