デス唐揚げ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デス唐揚げ

デス唐揚げ(ですからあげ、:Death fried chicken)は、激辛料理の一種。

 

概要[編集 | hide | hide all]

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のタイアップ企画「ゲゲゲのグルメフェア」の商品として、2019年に登場する予定だった[1]。モチーフは、同アニメのエンディングテーマである、go!go!vanillasの「No.999」。「死ぬほど辛い」をコンセプトにしている。本体価格200円。

売り文句は、同曲のサビの「デスから デスから デスからアゲイン」という歌詞をもじっただじゃれで、「デス唐 デス唐 デス唐揚げ」というものであった。

商品詳細[編集 | hide]

ハバネロパウダーが入った衣をつけた唐揚げにデス・ソースがかけられた、如何にも「そのまんま」な商品。購入する際には、「これを食べたことで生じた健康被害に関しまして、当社はいかなる責任を負いません」という誓約書を書く必要がある。これは、フェアのテーマから「地獄行きチケット」という愛称がつけられた。

食べる際にはビニール手袋を着けることが推奨されており、購入の際にもビニール手袋が渡される。

なお、完食すると、ゲゲゲの鬼太郎風にデフォルメされたgo!go!vanillasメンバーのイラストが入った「完食証明書」が授与され、角に印刷された応募券をハガキで送ると、抽選で50組限定プレミアムライブのチケットがプレゼントされる予定だった。

お蔵入り[編集 | hide]

かなり意気込んで予定されていたゲゲゲのグルメフェアであったが、2018年12月に、go!go!vanillasメンバーのベーシスト長谷川プリティ敬祐交通事故に遭ってしまい[2]、混乱が予想されたためフェアは中止に。結果、妖怪のごとく誰にも知られない企画となってしまった。

脚注[編集 | hide]

  1. このフェアでは、他に目玉おやじスープやぬりかべ田楽猫娘ねこまんまなどが販売される予定だった。その中で敢えてエンディングありきの商品が開発されたのは極めて異例である。因みにフェアはファミリーマートで開催。
  2. しばらく意識不明の状態が続いていたが、無事デスから這い上がってきた

関連項目[編集 | hide]

この記事「 デス唐揚げ 」は、
第四回藍色執筆コンテスト2位入賞 してしまいました。

この事実にウソペディアン一同 瓢箪 驚嘆しています。